坂上を使用した俳句

坂上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

坂上を含む俳句例

一息に十貫坂上姉の恋/斎藤冬海

別るゝや柿喰ながら坂の上/惟然

団子坂上り下りや鴎外忌/高浜虚子

坂上の洋館ともる兜虫/柴田白葉女

坂上の空へせり出す御柱/高澤良一

筑波路のS字坂上夾竹桃/柴太香子

別るるや柿喰ひながら坂の上/惟然

向日葵にあふや深夜の坂の上/予志

鶯や江戸を見下す坂の上/正岡子規

念じつつ坂上り切る一遍忌/渡部春水

秋の暮家路はいつも坂上り/山田弘子

坂の上日傘沈んでゆきにけり/大串章

木枯海から教会はみな坂の上/河野薫

鍋焼や火事場に遠き坂の上/正岡子規

坂上りきつて脚澄む寒の入り/世古諏訪

夕かなかな踏むも仏縁坂上下/有馬暑雨

邂逅やミモザ咲く坂上りつつ/草間時彦

何思ふとなく冬夕焼の坂の上/木下夕爾

日日無帽にて木枯しが坂の上/河村四響

蝙蝠や暮るゝをながめ坂の上/正岡子規

俳句例:21句目~

金屋が子の群を割る坂の上/蓬田紀枝子

往生坂上に醍醐といふさくら/木村里風子

坂の上は風吹いてゐる端午かな/草間時彦

坂の上日も暮れがての受難樂/下村ひろし

寒けれど不二見てゐるや坂の上/正岡子規

立つて逢う師走神戸の坂の上/鈴木六林男

坂上りくる人声につる蚊帳や/久保田万太郎

坂上がる少女に春の日のじゅうたん/峠谷清広

欅の花吹かれ溜りし坂の上年どしに掃く年どしの幸/扇畑利枝

秋の日の静かなる午后かけがえのなき日のごとく坂上りおり/野北和義

タイトルとURLをコピーしました