風落つを使用した俳句

風落つに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

風落つを含む俳句例

風落て綱懸の鶉見日哉/加舎白雄

次々に風落ちて行く花芒/中村汀女

風落ちて妙見堂に鼬消ゆ/佐藤禎子

風落ちて渡良瀬川に鳰の数/嶺治雄

風落ちて男が残る大花野/栗林千津

噴水に短夜の風落ちにけり/増田龍雨

蛇は穴に風落々と鳴にけり/石井露月

風落ちて更に水行く木の葉かな/二柳

風落ちて月現るる葛湯かな/前田普羅

風落ちて色の褪せたる氷旗/高澤良一

風落つる枯藪高し冬日影/芥川龍之介

松の風落ちては萩の風となる/岸風三楼

果物の籠重い夏夜の風落ちた/喜谷六花

風落ちてどしりと座る花蘇鉄/菅田静歩

風落ちて枯木も歩みとどめけり/有働亨

風落ちて秋声山にこもりけり/伊沢健存

風落ちて空がさびしや鉦叩/櫛原希伊子

なまぐさい風落すなり山ざくら/服部嵐雪

葛枯れて一山の風落ちつかず/鷲谷七菜子

邯鄲の声のしろがね風落つる/関根黄鶴亭

俳句例:21句目~

風落ちしとき松籟す浜豌豆/阿部みどり女

風落ちず日高沈まず居たりけり/尾崎迷堂

風落ちて曇り立ちけり星月夜/芥川龍之介

風落ちて狸穴より夜となれり/安達実生子

風落つるさまなき夕日照る辛夷/臼田亞浪

四方の風落ちて風呂吹にある熱さ/久米正雄

風落ちてまくなぎに雨意たゞよへり/稲畑汀子

風落ちてゆく空の音の明け易き/飛鳥田れい無公

かなかなや風落ちぎはを日の懸り/飛鳥田れい無公

風落ちし冬樹のほとりしづかにて人亡きあとのごとく日が射す/滝沢亘

タイトルとURLをコピーしました