刀自を使用した俳句

刀自に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

刀自を含む俳句例

中京や初荷に見ゆる刀自の声/樟蹊子

明易や八十三の母刀自に/大橋櫻坡子

母刀自は褥の上に十三夜/大橋櫻坡子

浅間には雪老刀自に総白髪/栗生純夫

窯元に老刀自ひとり春霞/上野さち子

老刀自の手もと干支ある初暦/及川貞

花御堂葺くや刀自もす腰衣/河野静雲

虫干や野口英世の姉の刀自/西本一都

収骨の刀自の温みや淡紅梅/鈴木フミ子

家刀自の噛み酒も馴鮓も美し/筑紫磐井

母刀自や初勤行の息しろく/大橋櫻坡子

美しき老刀自なりし被布艶に/高浜虚子

青臭き蕃瓜たうべて刀自の健/久米正雄

風入や家紋散らばる刀自の膝/綾部仁喜

ゆうらりと立たるる刀自の花衣/大石悦子

刀自の手になまめく念珠蓮見舟/河野静雲

味噌搗の刀自も一杵下されし/藤岡うた代

家刀自へ深辞儀をして屋根葺けり/杉良介

月今宵刀自のすさびの能の笛/塩谷はつ枝

母の刀自この世にありて土用干/長谷川櫂

俳句例:21句目~

老刀自の短かき髪を結ひ初めし/矢部榾郎

芙蓉白し敬老の日の老刀自に/下村ひろし

老刀自の下り立たれたる焚火かな/尾崎迷堂

虚子刀自にねぎらはれつつ年改まる/上野泰

赤彦の住み今刀自住める冬山家/深見けん二

刀自の読む咳まじりなり歌留多とる/皆吉爽雨

母刀自も知れるわが句や星まつり/大橋櫻坡子

茶の花を活けて明治の刀自の居間/大室/達恵

雪しづく母刀自ひそと住まひけり/佐々木六戈

母刀自のあるかなきかに端居かな/下村梅子「花」

タイトルとURLをコピーしました