街音を使用した俳句

街音に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

街音を含む俳句例

ひるすぎの町音にゐて心太/桂信子

街音に泰山木は花高く/深見けん二

冬海の音の蓋する町の上/伊藤柏翠

大阪の宿や秋暑の街の音/細川加賀

街の音十一月も半ば過ぎ/高木晴子

大年の街の音聞く橋のうへ/大屋達治

梅雨曇橋がつなげる町の音/佐藤脩一

町中に町の音絶ち利休の忌/茂里正治

窓二つより早春の街の音/深見けん二

街の音とぎれる間あり草萌ゆる/汀女

夕凪ぎて原子禍の町音絶えし/石原八束

街音のこもる薄暑のほとけ山/澤村昭代

さうめんの淡き昼餉や街の音/草間時彦

わが街の笛の音と聴く祭酒/佐藤美恵子

合歓咲いて失語の街の水の音/牧野桂一

春めきし銀座の街の音の中/成瀬正とし

町の音やゝほとびたる地蔵盆/小林康治

秋惜しみをれば遙かに町の音/楠本憲吉

簾外し親しくなりぬ町の音/古賀まり子

街の音地を這ひて来る半夏生/沢木欣一

俳句例:21句目~

貼り替へし障子の外の町の音/吉屋信子

十六夜の街音雨意にしたがへり/石原舟月

きさらぎやうしほのごとき街の音/青木建

アネモネや画廊は街の音を断つ/斎藤道子

傘雨忌の川辺にひろふ街の音/上田日差子

冷房のドアあけて出る街の音/青葉三角草

熊手市にうづくまりきく街の音/石原八束

町の音枯れゆく芦にかかはらず/木下夕爾

街の音遠く埠頭の木木芽ぶく/古賀まり子

枇杷咲けり街音ここも止む間なし/中村汀女

桑枯れてなりはひもなき町の音/水原秋櫻子

タイトルとURLをコピーしました