螺鈿を使用した俳句

螺鈿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

螺鈿を含む俳句例

秋灯螺鈿細工の文箱かな/高ちゑ

夕日さす螺鈿涼しき光堂/小林洋子

天窓に春逝く螺鈿盆の貝/古舘曹人

桜鯛螺鈿の鱗こぼしけり/川崎展宏

秋燈や円卓螺鈿の鳥の恋/関森勝夫

舟鉾の螺鈿の梶があらはれぬ/静塔

うめちるや螺鈿こぼるる卓の上/蕪村

きらきらと螺鈿の雨や酢蛤/秋山幹生

宝物の螺鈿きらめく青葉光/中村佳子

淡墨の花を螺鈿に畦塗れり/國島十雨

白梅や螺鈿蒔絵の母の櫛/佐藤ます子

石棺に螺鈿とまがふ青蜥蜴/那須乙郎

翁碑へ螺鈿びかりの竜の玉/小林輝子

螢籠螺鈿の卓の光りけり/中戸川朝人

さても瀞螺鈿散らしに浮く落花/林昌華

やぶがらし貝塚の道螺鈿の道/伊藤敬子

ニセコ山螺鈿のごとき星月夜/三原清暁

店先をさながら螺鈿の初鰊/倉持留美子

月光を螺鈿となせる八重椿/鳥居おさむ

琴の尾や螺鈿に梅のちらし咲/正岡子規

俳句例:21句目~

食積の螺鈿またたく蓋をとる/木田素子

うぐひすや螺鈿古りたる小衝立/杉田久女

きさらぎや太刀の螺鈿に海の色/千手和子

体内に螺鈿のうねり笙吹きぞめ/熊谷愛子

猫の目に螺鈿ちりぬる野分来る/海野弘子

かなかなや螺鈿の廊を踏みながら/太田鴻村

地に落ちて螺鈿のごとし冬の蝶/上野さち子

妓生の修羅場かいま見螺鈿寒ム/文挟夫佐恵

端座してあたりに螺鈿冷ゆるかな/古舘曹人

螺鈿屋に秋の灯点くを見て過ぐる/文挟夫佐恵

しぐるるや螺鈿の鳥のあをびかり/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました