老眼を使用した俳句

老眼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

老眼を含む俳句例

陽炎や老眼くもる鏡研/幸田露伴

老眼にもるる小貝や秋の霜/丈草

老眼と言い梟の前にいる/澁谷道

妻に貸す老眼鏡や冬灯/春山他石

老眼鏡かけて研修蝿あるく/杉本寛

鼈甲を磨く老眼小町の忌/中野青雁

老眼の眼鏡清めて初句会/星/陽子

老眼やなき名負はせて新茶好/黄吻

老眼や埃のごとく桜ちる/西東三鬼

初めての老眼鏡に守宮来る/山尾玉藻

春愁や紅引くときの老眼鏡/高橋妙子

毛糸玉ころがす妻の老眼鏡/荒川邪鬼

汗の耳老眼鏡を落しけり/黒田櫻の園

油照老眼進むおもひかな/猿橋統流子

老眼の中に蝙蝠満ちて来る/和田悟朗

老眼の更にかすみて涅槃像/武井耕天

老眼始めて明かに山粧へり/尾崎紅葉

老眼に炎天濁りあるごとし/高浜虚子

老眼鏡箸置にして寝酒飲む/猿山木魂

行水や脱衣の上の老眼鏡/富田くにを

俳句例:21句目~

鳥雲に身は老眼の読書生/松本たかし

老眼に潤める木の芽童子佛/石川桂郎

亜浪忌の老眼鏡をことと置く/鈴木鷹夫

胸ポケットの老眼鏡や鳥渡る/菱沼杜門

老眼にしばらく暗く明るき蒜/和田悟朗

ががんぼや老眼かすむ夜の活字/大熊輝一

木の実独楽老眼鏡を飛び出せる/鈴木鷹夫

棺に入るる老眼鏡の曇りを拭く/林政之介

死火山の鷹老眼をさびしくす/加藤かけい

老眼の進み知る夜の火燵かな/正木不如丘

老眼愁ヒ看ル何ゾ妄想猿廻し/関口比良男

老眼と乱視ごちゃまぜ梅雨をみる/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました