雑木林を使用した俳句

雑木林に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雑木林を含む俳句例

雑木林年賀一言笛となる/寒々

春浅き雑木林に木樵る音/星芳子

若葉して雑木林も風の歌/山本歩禅

負眞綿雑木林は得失なし/増山美島

一陽来復雑木林に射す薄日/棚山波朗

早春の雑木林の露天風呂/山口梅太郎

春満月雑木林が動き出す/大岩水太郎

梅林の端をあたゝむ雑木林/右城暮石

火をはらみ雑木林の十二月/坪内稔典

秋の声雑木林に踏み入れば/宮川秀穂

秋を忌の雑木林に風の音/高橋鎌次郎

茂吉忌の雑木林に雲ひとつ/衣川次郎

雑木林まさかの大島櫻かな/高澤良一

いそいそと雑木林の冬はじめ/豊田都峰

うぐひすや雑木林もいつか失せ/桂信子

うこぎ摘む雑木林に目白ゐて/長沢ふさ

径おのづから雑木林の昼の虫/山口草堂

指しなやか雑木林に火を放つ/和田悟朗

春の雪雑木林に入りて踏む/石橋辰之助

橇あそび雑木林の雪に来る/石橋辰之助

俳句例:21句目~

雑木林に面白く枯葉浮びけり/高濱年尾

雑木林の家訪う視野に鳥の息/伊丹公子

雪の富士雑木林の夜を見ゆ/石橋辰之助

鵯鳴いて木霊たのしむ雑木林/後藤秋邑

冬の雑木林へ繭に入るように/高野ムツオ

山焼に雑木林にたかぶりぬ/阿部みどり女

雑木林に冬茜せりさびしからず/木下夕爾

伐られてしまう雑木林に沿う日暮/伊丹公子

雑木林に雪積む二人の棺のように/金子兜太

雑木林を過ぎる死人の数に入り/林田紀音夫

一本が一本としてきわだてる雑木林の夕映えのとき/沖ななも

タイトルとURLをコピーしました