鼻梁を使用した俳句

鼻梁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鼻梁を含む俳句例

大仏の鼻梁真夏の黒光り/高室有子

殺人を語る女の鼻梁かな/九堂夜想

鼻梁汗かく原爆祭うつろなり/原裕

アネモネに鼻梁の影を見失ふ/須藤徹

太陽と正しき鼻梁と陰隆く/内田慕情

寒晴れの鼻梁に海の風少し/高澤良一

寒西日父の鼻梁に及ばざり/小林康治

小六月隅田川波鼻梁ほど/諸角せつ子

月明や鼻梁片面を陰かくす/斎藤空華

枯芝に鼻梁まぶしく中学生/田中裕明

真剣に鼻梁匍いいる金色よ/阿部完市

金箔をとどめて鼻梁雁渡し/井上康明

飛鳥仏の鼻梁も青し青し蓬/金子兜太

鼻梁が支う沖の残照漂う首/多賀芳子

三日月の光る鼻梁の凍りけり/野澤節子

汽車下りて鼻梁をただす春の霜/松澤昭

金盞花埴輪の鼻梁頭より垂る/西本一都

鼻梁にて二千年紀の初日受く/辻美奈子

わが鼻梁痩せたり蝉も声老いし/木村風師

ゴシックの街月光の鼻梁あり/中戸川朝人

俳句例:21句目~

家を恋ふ鼻梁となりて暖房車/長谷川秋子

涅槃西風鯛の鼻梁をただしけり/木村虹雨

焚火して鼻梁より湧く郷ごこち/牛澤宣子

神将の鼻梁を掠めあかとんぼ/高岡すみ子

秋水へ鼻梁おどおどしていたる/鎌倉佐弓

竹を伐る鼻梁に弾片とどめゐて/熊谷愛子

雪嶺に鼻梁のかげのごときもの/宮津昭彦

万の闘志秘め鼻梁静かな死に顔よ/橋本夢道

伎楽面赤き鼻梁垂れ冬あたたか/大谷碧雲居

むかし巴里祭目くそ鼻梁に乗りあげて/竹中宏

ジヤケツの子鼻梁は吾れに瞳は妻に/大岳水一路

タイトルとURLをコピーしました