門灯を使用した俳句

門灯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

門灯を含む俳句例

門灯を叩けば灯る朧月/高橋ミツエ

門燈の低く灯りぬ秋出水/日野草城

門灯の低く灯りぬ秋出水/日野草城

秩父夜祭門灯うすき猪鍋屋/町淑子

門灯の寒く別れは瞳もて言ふ/原裕

門灯をつけ忘れをり沈丁花/江國滋

梅白し門灯に通夜明けし家/中拓夫

円き霧門灯に宿り婚三日/平井さち子

家建ちし春の門燈含羞めり/松山足羽

竹払へば雪滝の如し門燈に/渡辺水巴

藤房の中に門灯点りけり/深見けん二

門灯をさびしむ春の草の上/永島靖子

門灯の守宮不吉の家紋なる/原子公平

門灯を撃つ音かすか火取虫/富田潮児

門灯を消す立冬の暁の色/村山砂田男

門燈に見えし無月の影法師/鈴木花蓑

門燈の点きはじめけり草の花/龍岡晋

門燈は遅し二月の松蒼く/佐野青陽人

掃納め門燈くらく思ひけり/高橋淡路女

暮遅し門燈をつけポストを見/星野立子

俳句例:21句目~

父恋ふや門灯とどく限り稲架/影島智子

真昼間の門燈ともり蝿生る/佐々木六戈

門灯にいつもの守宮門閉むる/平田寒月

門灯に影をつくりて守宮這ふ/渡辺英子

門灯の早く点きたる冬木かな/永井龍男

門灯を消し暗がりに木菟残す/江田雅子

門燈に夜学子本をひらきすぐ/皆吉爽雨

門灯は門を照らして虫時雨/片山由美子

門燈の黄いろくともり野分あと/上村占

夜学校黄なる門燈ふたつ置けり/岸風三楼

短日の吾が門灯をつけて入る/紀野白南風

威儀なして門燈ありぬ木の実落つ/依田明倫

タイトルとURLをコピーしました