浮浪を使用した俳句

浮浪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

浮浪を含む俳句例

颱風の中や浮浪者哄笑す/戸川稲村

夜涼より浮浪の面上げにけり/斎藤玄

浮浪焚火映え電柱も一朱柱/香西照雄

浮浪者か英雄か臍秋風に/殿村莵絲子

浮浪者よ桜の幹は光るなり/夏石番矢

寒星をぶちまきし下浮浪がり/平畑静塔

新緑に浮浪者蒼き目をしたる/対馬康子

春昼の湯に浸す胸浮浪者めく/岩田昌寿

残る音のこほろぎを聞く浮浪心/斎藤玄

浮浪児の嘗めて離さず甘茶杓/吉屋信子

浮浪焚火背丈越ゆれば塔形に/香西照雄

浮浪者の眠りたらふや蝶の昼/結城昌治

浮浪者狩りして公園の年用意/右城暮石

霧匂ふ街や浮浪にあこがれて/仙田洋子

今年竹ゆすりゆさぶり浮浪児か/加藤楸邨

吾子日々に浮浪児めくや八重桜/中台春嶺

塵のまま眠る合歓の葉浮浪児よ/香西照雄

浮浪児の俄かにはしやぐ花吹雪/吉屋信子

生きること布団と盥と浮浪者と/松岡/潔

浮浪児の息白し地下道口を開く/原田種茅

俳句例:21句目~

棉一と日摘みて浮浪者旅つゞく/吉良比呂武

浮浪児が土に描く絵を消す野分/加藤知世子

浮浪児や凍てし夕刊はしやぎ売る/原田種茅

浮浪者のキリストめきて夏の月/伊藤トキノ

浮浪者語ればただ癇高し秋の声/中村草田男

男女分かぬまで日焼して浮浪して/津田清子

大地に載す蠅もよしみの浮浪の碗/平井さち子

浮浪児の目があかあかと焚火育つ/田川飛旅子

落葉焚く浮浪児にルオーの太陽なし/細見綾子

浮浪児がいなくなつた廣場のたそがれ/吉岡禅寺洞

浮浪児のいる塔は石黴の匂い片面講和発効す/橋本夢道

浮浪児昼寝す「なんでもいいやい知らねえやい」/中村草田男「銀河依然」

タイトルとURLをコピーしました