護摩堂の火を使用した俳句

護摩堂の火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

護摩堂の火を含む俳句例

修験者護摩火渡りの石の涼/石川桂郎

火取虫あやめてよりの護摩の経/翌桧

初不動護摩火にかざす祈願札/有村節香

初観音護摩火鎮めて渉りけり/中川草楽

杉の花護摩火猛れり砂かまど/脇坂啓子

瓔珞に護摩火かゞやき初不動/和田花青

護摩の火と向き合ふ正座眉涼し/森青山

護摩の火に財布を灸る初不動/登嶋弘信

送水会護摩の火に雪光り降る/大橋敦子

開帳や護摩の火昼も夜も盛ん/本間白城

蘇民受く初護摩火の粉天井まで/大野林火

三日月も火照る大護摩水送り/笹川かなめ

八荒の護摩火くすぶる船着場/原田しずえ

千灯会護摩火は月を焦がすかに/杉浦光代

天蓋に結夏の護摩の火の粉かな/稲荷島人

春泥に踏み出て護摩火渡りきる/吉田未灰

樒くべ護摩の火はぜる涼しさよ/岡田日郎

白梅や火の粉無尽に御滝護摩/小川原嘘帥

節分に焚かる護摩火に吾が運勢/森定南楽

護摩の火に天蓋ゆるゝ暑さかな/野村喜舟

俳句例:21句目~

護摩の火の花の会式の場に昏る/大野林火

初護摩の火の粉滅法とどまらず/殿村莵絲子

初護摩の火を僧の手のわしづかみ/井沢正江

初護摩の爆ず火明りに躬を正す/井桁汀風子

初護摩やマイクを通る火のひびき/成田郁子

剣もて初護摩の火をなだめたり/塚越志津枝

護摩の火を揺るがす太鼓初不動/長屋秋蝉洞

護摩の火の天をこがして無月なり/中川志げ子

送水会の護摩の火の粉の雪と逢ふ/中戸川朝人

送水会護摩の火の粉の瀬にみだれ/神谷遊亀栄

タイトルとURLをコピーしました