洞窟を使用した俳句

洞窟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

洞窟を含む俳句例

雪国の駅は洞窟目が並び/三谷昭

紅葉山洞窟覗き引き返す/栗原満

洞窟に育つ石筍山眠る/戒能多喜

洞窟に八幡様や苗代茱萸/関梅香

かき氷巨き洞窟つくるべし/辻桃子

洞窟の石の王座を蠍這ふ/品川鈴子

洞窟の流人の星なり光り苔/堺信子

洞窟の如く住ひて曝書かな/小杉余子

洞窟の深さは知れず滴れる/山本秀子

洞窟の滴り髪に撫でつける/山口誓子

秋燕の氷見の洞窟離れけり/下村梅子

原色を着て洞窟を抜け出す冬/渋谷道

城ヶ島洞窟のぞく夏帽子/高井美智子

櫨紅葉鬼女洞窟を荘厳す/町田しげき

洞窟に宥められたる皐月波/上原富子

洞窟に湛へ忘却の水澄めり/西東三鬼

洞窟に潮音こめて冬隣/阿部みどり女

洞窟の中より寒の水音す/舛田としこ

こは雪間隠れ祈りし洞窟ぞ/岡本まち子

洞窟に入りて冷され秋の声/田中蝶々子

俳句例:21句目~

洞窟に潮満ちそめし海施餓鬼/澤野粂子

沖縄忌漂白される洞窟の闇/小橋川忠正

洞窟に棲みかんむりの欲しい/三橋鷹女

桃の世へ洞窟を出でて水奔る/中村苑子

しののめの跪坐の影ありて洞窟/柚木紀子

南洲洞窟樟の萌色にはかなる/野村多賀子

洞窟の中に野菊を置きにゆく/夏井いつき

樹の洞窟に風の全力隠れて居り/阿部完市

過/現/未の音洞窟の水の音/伊丹三樹彦

洞窟をこのごろ見なくなった町/武馬久仁裕

風葬の洞窟びょうびょうと冬霞/岸本マチ子

アイスクリーム口の洞窟で行方不明/山下/樹

タイトルとURLをコピーしました