飛を使用した俳句

飛に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

飛を含む俳句例

飛干す沖失ひて潮曇/湯川雅

飛の入りて輝く鮪網/前田普羅

飛の銀鱗光る市場/秋川ハルミ

飛の翼の光り波を切る/高濱年尾

真裸の厚胸持てり飛舟/藤後左右

飛を全く吐かず今日の海/森田峠

飛をバタ~呉れぬ鮪船/前田普羅

飛翔けて鳥への進化志す/泉田秋硯

飛をながめあかざる涼みかな/篠原

飛の水中すでに風つかむ/岩崎法水

飛の海をめぐらす行在所/京極杞陽

飛の翔けり翔けるや潮たのし/篠原

大空へ海動く飛がとぶ/池内友次郎

少年の旅へ飛加わりし/奥村比余呂

翼張つて飛の紺青大皿に/野沢節子

朝焼の波飛をはなちけり/山口草堂

空映す飛の目や誕生日/赤城さかえ

飛の群が国後かくしけり/萩原麦草

藍深き玄海の濤飛とぶ/小原菁々子

飛の鱗いちまい忌の指に/松本照子

俳句例:21句目~

飛を焼き草原を失えり/津沢マサ子

白絣着て飛の眼のごとし/飯田龍太

飛が船にあきたる人にとぶ/大橋五昂

飛となる子育るつばめかな/蕪村遺稿

飛を見てより隠岐の島近し/橋本青草

飛とぶや下弦の月の残る朝/大橋敦子

飛の翼はりつめ飛びにけり/清崎敏郎

恋人は飛のような靴で来る/瀬間陽子

飛の羽ごと買われゆく平野/対馬康子

飛の波のうねりの果てもなし/森田峠

玄海の真昼の潮の飛吐かず/湯浅桃邑

飛の波に飛びつき沈みけり/松藤夏山

飛の愉しさ波におぼれ行く/河野南畦

眼帯をして飛を喰つてゐる/大石雄鬼

飛の波の穂を追ひ穂におちぬ/原柯城

飛の群れゐる波の立ち上る/藤野/力

飛を吐きつぐ波の襞ふかし/中村翠湖

舷窓を拭くや飛触るるかに/石野冬青

釣人を揶揄し飛とぶことよ/大橋敦子

飛の和寇古江を目指し跳ぶ/中尾無涯

俳句例:41句目~

飛に驚く異国語に満てり/田川飛旅子

飛ら浪切る艦隊亡んだ海/伊丹三樹彦

飛とぶや日本海の紺を抜け/大橋敦子

飛攻めの舟べり叩き海叩き/増富草平

鰺の顔して飛の売られあり/坊城俊樹

黒木御所真下に荒ぶ飛の海/観山繁子

波の上に弾き出されて飛とぶ/宮崎牛芽

白地着て飛わたる海を見る/町田しげき

目に追へる飛波に突つさゝり/狩野刀川

死はきらきらと飛の弧を描く/松本恭子

陣なして飛の子の飛べりけり/鈴木貞雄

飛に波ひとつなきうねりかな/浜口今夜

飛の片翅きらめき飛びにけり/清崎敏郎

競られゐて暑き鮟鱇飛は涼し/野澤節子

飛の翅透くまでにはばたける/福永耕二

飛の飛ぶしろがねや熊野灘/宇多喜代子

飛に対馬は近くなりにけり/古藤一杏子

飛のきらめきとべる朝日浪/鈴鹿野風呂

飛を煮る細身煙突船去んで/文挟夫佐恵

飛干して夕映ながし廓あと/北見さとる

俳句例:61句目~

渡りつつ骨身を鳴らす浜飛/宇多喜代子

これよりは飛の潮佐渡の海/今井千鶴子

飛昏れて盆の大潮みちそめぬ/西島麦南

飛の波をみなは絣織りにけり/黒田杏子

飛追いは白し夜昼さかな食べ/和知喜八

今日あひし飛舟の明日を思ふ/藤後左右

大灘の没り日に染まり飛とぶ/岡村紀洋

飛の児の目の高さ跳んで見せ/福永みち子

二尾飛んでたちまち飛ばかりなり/峠素子

飛乾く島の路地々々祭り来る/文挟夫佐恵

飛干して草の戸開く稽古海女/広沢/道代

飛もヤマトタケルもまがまがし/夏石番矢

飛焼いてかすみたなびく命なり/阪口涯子

飛のつぎつぎとべり隠岐近し/田中佳嵩枝

飛とんで玄海の紺したたらす/片山由美子

黒潮に突き刺さりては飛の群/長谷川閑乙

あご飛べり木平線をひきのばし/南/一雄

飛の尾の触れ越ゆるうねりかな/三宅清三郎

飛の簀を路地に吊して二階住み/文挾夫佐恵

風の又三郎てふ猫来て飛さらふ/糸山由紀子

俳句例:81句目~

青北風の飛沫の飛のはや光らず/文挟夫佐恵

いま生きるため飛の飛びつづけ/永田耕一郎

飛跳んで跳んで水平線退る///八丈島/高澤良一

秋は淋しくて漕ぐ飛一つ飛びしばかりの海を/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました