不惑を使用した俳句

不惑に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

不惑を含む俳句例

淡雪や慳貪嫌ふ我が不惑/藤井彰二

一歩づつ不惑ちかづく白牡丹/石寒太

不惑てふ年の境を越えにけり/上野泰

不惑とうに過ぎ竜胆の時間/石田順久

不惑とや豆腐一丁手で崩す/大西泰世

不惑なほ母から貰ふお年玉/鎌田真弘

不惑来る華のごとくに霜柱/岸原清行

呉服屋の番頭不惑処暑の雨/増田栄子

照り翳るガーベラを愛づ不惑前/林翔

照り翳るガーベラを賞づ不惑前/林翔

牡丹を嗅ぎて鬱々たる不惑/嶋田麻紀

竹落葉掃いて不惑へ盛岡へ/宮坂静生

風花の空を黝しと見る不惑/根岸善雄

不惑まで夏の蓬を刈らむかな/中原道夫

不惑涼し夜色を得つつ空青む/香西照雄

夏帽に應はぬものは不惑かな/高橋睦郎

宗匠の不惑まどひけり竹を植う/太宰治

底紅に咲いて木槿の不惑なり/谷中隆子

春深む一期不惑にとどかざり/廣瀬直人

木枯へ不惑といふも火の如し/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

かなぶんを美しいといふ不惑かな/内野修

やれやつと句誌も椿も不惑かな/青木重行

わが不惑げじげし妻に抑へられ/岸風三樓

初夏やをとこ不惑の泣ぼくろ/稲垣きくの

土佐文旦不惑はじまる綿のやう/宮坂静生

男不惑ひたひた寄せる光悦忌/河野多希女

木の葉髪齢の不惑はすでに超ゆ/稲垣きくの

不惑とはカンナの群れてゐるあたり/櫂未知子

不惑へ結ぶ玻璃から直線に二月富士/磯貝碧蹄館

不惑より一徹とほしちゃんちゃんこ/鈴木いはほ

甚平とバッハを愛し不惑なり/満田光生「製図台」

タイトルとURLをコピーしました