人馬を使用した俳句

人馬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

人馬を含む俳句例

遠景に人馬動いて旱川/桂信子

雪白し加茂の氏人馬でうて/蕪村

採氷場人馬の道を江上に/桂樟蹊子

新道や人馬の中の桐の花/正岡子規

八省の人馬も政事始かな/鳥居白山

初雷や耕人馬を逸しけり/仲岡楽南

白光の中に人馬や湖凍る/山口青邨

棗熟れ人馬に比叡山の坂/神尾季羊

夏柳人馬に打てる水一斗/成田和恵

朝霧の下谷はれ行く人馬哉/泉鏡花

花薊夕日の前を人馬ゆく/柴田白葉女

芋嵐土手ゆく人馬吹きさます/菅裸馬

絶間より人馬の通ふ若葉哉/正岡子規

夏草や支那人馬を走らする/野村泊月

幻の黒き人馬に霾降れり/小松崎爽青

広重の人馬ふためく夏の雨/高澤良一

行く程の人馬小さき霞かな/正岡子規

明かに露の野を行く人馬かな/鈴木花蓑

木槿咲く土手の人馬や酒田道/正岡子規

秋の山眼下町見えて人馬行く/正岡子規

俳句例:21句目~

絡鐸とつゞく人馬や蓮咲いて/北原白秋

人馬湧きその馬の耳天を剌す/片山桃史

人馬湧く銃担へるは山を抽き/片山桃史

戦争の人馬征くごと蟻の列/保坂加津夫

霧海や日当る人馬見えながら/鈴木花蓑

春の闇見えねひた行く人馬の列/相馬遷子

疾風の雲、くもを墜ち人馬湧く/片山桃史

雪となる師走往き来の人馬かな/島田青峰

古民家や人馬棲まねば紅葉燃ゆ/河野南畦

日かゞやく諏訪の氷の人馬かな/子規句集

人馬来ずなりし山炉も日を経たり/林原耒井

こがらしや百姓起きて出づる家/亡人-馬仏

かげろふて人馬揺れゆく草千里/吉田佐和子

壁画古墳人馬つちふるごとくなり/野見山朱鳥

麦秋に日の落つるとき人馬消ゆ/鍵和田ゆう子

蝶ひとつ/人馬は消えて/しまひけり/高屋窓秋

タイトルとURLをコピーしました