むつ五郎を使用した俳句

むつ五郎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

むつ五郎を含む俳句例

むつ五郎鰭つよく雲望む/やしま季晴

仏滅の晴天を呼ぶむつ五郎/永島転石

むつ五郎むつ十郎の泥試合/阿波野青畝

どの顔も夫の顔やむつ五郎/栗原利代子

少年に泥のパレットむつ五郎/守谷茂泰

横とびにつめよる戀のむつ五郎/上村占

永かりし春闘なりしむつ五郎/甲斐虎童

汐さして舟に飛びこむむつ五郎/原大拙

むつの海遠の嶋影泛かべつつ/寺田木公

むつ五郎おどけ目玉をくるりんと/上村占

むつ五郎二匹見せられ脱帽す/小檜山繁子

原告のむつ五郎跳ぶ五寸ほど/赤松シゲ子

日を捏ねて金泥まみれむつ五郎/谷口自然

泥の目を天へあげたるむつ五郎/別所信子

潮先におのおの匐へるむつ五郎/城後眉下

寒むつの口にとけてしまひけり/中村正幸

潮騒をつのらすむつの活料理/市村究一郎

むつ五郎くぐもる顔を日にさらす/藤山草畝

むつ五郎の求愛ジャンプ夕映ゆる/山口清子

むつ五郎向き変へ山と対峙せり/岡部六弥太

俳句例:21句目~

むつ五郎砂かぶりつつ突かれけり/河野南畦

むつ五郎飛んで干潟の日が遁ぐる/木村風師

葭を落つむつ五郎あり渡舟著く/岩崎はるみ

雨冷ゆる日は出てをらずむつ五郎/本田杏花

むつの子の舌に崩れて下戸の酒/志摩芳次郎

むつの海夏がすみして見え渡る/下村ひろし

むつ五郎あの世この世の世のみぎわ/宮崎二健

まばたきのふたつはかなしむつ五郎/木村虹雨

むつの子や踊り出したる燗どころ/三輪田育夫

むつの子の首振ることをおぼえけり/吉富平太翁

タイトルとURLをコピーしました