白煙を使用した俳句

白煙に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白煙を含む俳句例

元日の生木を燃やす白煙/桑原三郎

冬濤の眉間砕けし白煙/中村草田男

工場の太き白煙寒の空/望月田鶴子

瀧桜白煙あげて雪しづる/太田土男

峡空に一白煙の花祭の果て/友岡子郷

母の双乳白煙なせり氷水/磯貝碧蹄館

筋ばって花火のあとの白煙/高澤良一

糠雨のなか白煙の磯焚火/酒井十八歩

製紙工場白煙雪嶺より白し/本多穆草

たけなはの冬や都に白けむり/柿本多映

夏富士を背に赤白煙突の白煙/大高弘達

夜桜や汽車の白煙ふんだんに/山口誓子

瓜の敷藁焚くさはやかな白煙/大熊輝一

観潮船ふつと白煙音とならず/山口誓子

雁よの教皇も吸ふや白けむり/夏石番矢

この秋を見分く萩焚く白けむり/山口草堂

やさし友の背煙突つつみ切る白煙/堀葦男

施餓鬼火のどつと吐きたる白煙/広瀬一朗

白煙白息洩れ陽が太き柱なし/鈴木六林男

稲扱きの野の蜂起かな白煙立ち/児玉悦子

俳句例:21句目~

ひまはりを攻めてをりたる白煙/大木あまり

篠の子に温泉の白煙あがりけり/加藤しげる

一汽缶車吐き噴く白煙にくるまる冬/金子兜太

我が汽車の白煙凍てし野に凝るかな/太田鴻村

タイトルとURLをコピーしました