岸辺を使用した俳句

岸辺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

岸辺を含む俳句例

橙の実る岸辺に舟洗ふ/椙本千代子

泳ぎ子よ岸辺翳なす夕餉どき/林翔

桜川の岸辺鬼女とも花明り/岩下斜径

北上の岸辺に立てば山焼くる/遠藤梧逸

想起ただ岸辺を倒せ梅雨の星/攝津幸彦

松明けの天の岸辺の嗚咽かな/佐藤鬼房

波消ゆる岸辺に寄りて根無草/稲畑汀子

波立てる岸辺の草の駒返る/浦野せつを

流れ星岸辺の牛を思慕しつゝ/攝津幸彦

流燈の岸辺の草を擦ることも/藺草慶子

海月寄る夢の岸辺を埋めんと/対馬康子

看護婦と岸辺駆け出す彼の肺/阿部完市

総立ちに走る花びら岸辺まで/遠山陽子

薄明の岸辺卵を立ててみる/水野真由美

驟雨来る岸辺の杭を踊らせて/小澤克己

お玉杓子岸辺に磁石あるごとし/福田節子

とある日の岸辺消えたる桜かな/柿本多映

利根川の岸辺明るし二月来る/松本夜詩夫

北上の岸辺にも摘む夏花かな/大峯あきら

岸辺埋めゆく荻の芽の固けれど/稲畑汀子

俳句例:21句目~

柳川の岸辺や枸杞の実の赤し/棚橋ちゑ子

浪繁き子のよろこびを岸辺にし/下村槐太

耳たぶに岸辺の日差し水ぬるむ/高澤良一

青む岸辺空にはいまも爆音満つ/岩田昌寿

たゆたへば岸辺恋ふかに流し雛/稲垣きくの

病葉散る心にも岸辺あるごとし/北原志満子

そよぐものなくて岸辺の日の凍つる/奈加摩耶子

果ては物々交換の岸辺を出よう叫春!/加藤郁乎

国境をはるかに越えて迫りくる波あり春の岸辺を洗ふ/館山一子

やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに/石川啄木

タイトルとURLをコピーしました