水の声を使用した俳句

水の声に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水の声を含む俳句例

篁や秋深まりし水の声/臼田亜浪

冬鱒の好む水温水の声/百合山羽公

皹の指にあつまる水の声/萩原玉子

いづこなる水の声々初不動/玉置仙蒋

波郷忌の夕べ木の声水の声/白澤良子

ななかまど谷を離るる水のこゑ/黛執

万両の向うを通る水のこゑ/高澤良一

友鮎に懈き午後の水のこゑ/角川春樹

炎天の葛くぐりゆく水のこゑ/上村占

冬ぬくし古井にのこる水の声/今井サト

燕子花活けてぞきかむ水の声/朝倉和江

ゆめはじめ氷の下の水のこゑ/大木孝子

修二会の柱に寄れば水のこゑ/角川春樹

地下駅の奈落に秋の水のこゑ/前山松花

枯山の岫をめぐれる水のこゑ/石原八束

涼しさは河童が淵の水のこゑ/鈴木鷹夫

石の声水の声して山ざくら/久保田月鈴子

下闇のさきへさきへと水のこゑ/中村祐子

今年竹湧水のこゑ放ちけり/鍵和田ゆう子

杉山の日昏れよく澄む水のこゑ/石井一舟

俳句例:21句目~

疲れ鵜に闇を落ちゆく水のこゑ/岬木綿子

逝く秋の急流に入る水のこゑ/鷲谷七菜子

木の葉雨添水の声も寂にけり/菅原師竹句集

水の声地のこゑ睦ぶ枯れはてて/古賀まり子

てふてふや木曾の水車の水のこゑ/吉原文音

ななくさや落ちて暗渠の水のこゑ/高橋睦郎

水のこゑ木のこゑ石のこゑ冴ゆる/黒田杏子

水のこゑ水にとどまる冬ざくら/馬場移公子

秋風に吹かれてゐたる水のこゑ/長谷川綾子

迎火のうすうすと地のこゑ水のこゑ/吉田鴻司

とくとくと岩根くり抜き冬水の声新し/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました