見ているを使用した俳句

見ているに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

見ているを含む俳句例

炭竃や鹿の見てゐる夕煙/巴人

食後に白い蝶見てゐる/北原白秋

天井の竜の見てゐる畳替/後藤章

炎天に誰も見てゐぬ雀影/高澤良一

密会を誰か見てゐる藪椿/柴田奈美

氷店より見てゐたる人通り/上野泰

鰯引き見てゐるわれや影法師/石鼎

霙打つ家路見てゐる男靴/谷口桂子

時計草見てゐる女時計草/川崎展宏

糀屋が春の雪嶺を見てゐたり/澄雄

頬冠して田祭を見てゐたる/松本旭

形勢を見ていて崩す冷奴/玉石宗夫

若鮎を凝つと見ている男傘/山口剛

自画像が我を見てゐる春隣/堀政尋

一つ鵜の水見てゐるや秋の暮/一茶

中間の堀を見てゐる夕すずみ/木導

枯菊が見てゐる村の冬仕度/有働亨

秋が見てゐる陶の卵かな/飯田蛇笏

初雪を幼心に見てゐたる/家垣青泉

半玉の見てゐる雨や金鉢/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

鏡見てゐるや遊女の秋近き/正岡子規

漠然と見てゐるがよし螢籠/鈴木栄子

漁止めの海を見てゐる懐手/宮田蕪春

黒百合を見てゐる父の影法師/原天明

三椏の花が見ている甕の水/久行保徳

花と見ていま行く秋や錦鯉/古舘曹人

人間を見ている駱駝夏休み/森田智子

旅の中鶏の呻吟見ていたり/和田悟朗

蹼を見てゐる鴨よ残りけり/三橋敏雄

料峭の山を見てゐる里心/小松崎爽青

遠巻に鳥と見てゐる池普請/佐藤洋子

足摺の海を見てゐる秋遍路/真鍋/貞

永き日や絵馬を見てゐる旅の人/不白

雛らの見てゐる暗き雨の海/木下夕爾

鹿を見てゐて鹿の斑が妻に/星野紗一

行く春や海を見てゐる鴉の子/諸九尼

蕉翁の卯波見てゐる砂の山/佐川広治

花終り鳩が見てゐる隅田川/藤岡筑邨

賽銭の飛礫見てゐる寒鴉/佐々木美代

対岸の人も見てゐる鰯雲/草野多嘉子

俳句例:41句目~

対岸の犬の見てゐる雛流し/荒川優子

綿虫を見てゐる牛と思ひけり/大串章

寒雀見てゐて少し跳ねてみる/岡本眸

笹つ葉藪のかげり見てゐる/北原白秋

竹人形並んで水田見てゐたり/原田喬

種ふくべ昭和の果を見てゐたり/黛執

恍惚と船を見てゐる夜の秋/佐川広治

一舟の揺れを見てゐる濁酒/鈴木鷹夫

秋鶏が見てゐる陶の卵かな/飯田蛇笏

鬼ヶ島見ていて我ら少し老ゆ/山口剛

殺陣の稽古見てゐる秋彼岸/大島民郎

丹頂の仕種見てゐて刻忘る/石坂和子

頬杖の何を見てゐる冬銀河/加藤楸邨

毛虫焼く女見てゐる漢かな/大坪景章

人の恋見てゐる美男葛かな/赤尾恵以

秋簾種ぬす人を見てゐたり/西村弘子

今頃は星を見てゐる捨案山子/田口武

少年は何を見ている泡立草/外島節子

帚草ながき日暮を見てゐたり/森澄雄

砂あぶる雀見てゐて蝉の恋/宮坂静生

俳句例:61句目~

毒茸月薄眼して見てゐたり/飯田龍太

真暗な海を見てゐる冬の雨/塚田正子

歳晩の水を見てゐる橋の上/加藤耕子

盲人が遠き方見てゐる茂り/長谷川双

切られる花を病人見てゐる/尾崎放哉

遠き眼の何を見てゐる孕み鹿/原教正

珈琲の渦を見てゐる寅彦忌/有馬朗人

十二月八日沖見てゐる一人/宮城白路

山を見ている山があり夏休/大坪重治

玄能を下げて見てゐる渡り鳥/河野真

梅雨の蝶見てゐて眠し旅戻り/高濱年尾

障子あけ水を見てゐる枯夫婦/長谷川双

陽炎の激しき坂を見てゐたり/仙田洋子

阿波踊見てゐる足が踊つて居/猪子青芽

炎えるかも知れぬ椿を見ていたり/蝶丸

牛帰る梅雨の黒幹いくつも見て/桂信子

沖の小島を鳶は見てゐる若布刈/中拓夫

錦蛇暫し見てゐてのぼせけり/高澤良一

針供養男の眼もて見てゐたる/宇田秋思

抱かれて犬も見てゐる猿廻し/磯野良徳

俳句例:81句目~

汗かかぬを羨しと見てゐたり/高澤良一

押花の菫見てゐて過去が冷ゆ/鈴木鷹夫

金玉見てゐて思ひ遠きかな/山口波津女

拱きて舟を見てゐる涼しさよ/岸風三楼

金掬ひ未だ幼くて見てゐる子/高澤良一

月の客机のものを見てゐたる/岡井省二

紅梅や窟いくつも見て飽かず/宮坂静生

里神楽見てゐて邪なきごとく/清水平作

群青の秋見ていたり赤ん坊/津沢マサ子

都をどり観給ふ母を見てゐたり/大串章

點滴を見てゐて睡し栗匂ふ/石田あき子

遺されし者の見てゐる夏渚/金箱戈止夫

永き日や鳩も見てゐる居合抜/永井荷風

遠巻きに人を見てゐる春の鹿/岡地蝶児

遠山を見てゐて不意に春田打つ/牧辰夫

雑踏を足で見ているはつなつ/金城けい

遠くより見てゐし雨の濃山吹/稲畑汀子

散り初めし桜見てゐる旅心/穂坂日出子

遅桜見てゐて日雇あぶれけり/岩田昌寿

骨壷を抱いて見ている遠花火/平島一郎

タイトルとURLをコピーしました