牛飼を使用した俳句

牛飼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

牛飼を含む俳句例

大原や牛飼ふ家も雛祭/巌谷小波

牛飼の山彦わかし冬隣/岩田昌寿

波見えて夏暁に牛飼はれ/田中裕明

牛飼の子供の素足草紅葉/山本洋子

牛飼と酌む菊膾房のまま/太田土男

牛飼に夜は八方の落椿/神尾久美子

牛飼ひて春の欅を雁敷内/山本洋子

万緑の水打つ牛飼左千夫墓/巌谷小波

牛飼の男の子ばかりの星祭/太田土男

牛飼の胴巻ふくれ銭/懐炉/太田土男

牛飼ひが草束ねをり夕蜻蛉/笠原古畦

雛飾る牛飼の二戸鶏往き来/太田土男

片腕の牛飼い飛行船憎む/田中久美子

牛飼いに嫁来る垣を繕いし/菊池志乃

牛飼が好きで牛飼ふ秋の風/飯島晴子

牛飼のかんばせ稚き祭かな/後藤夜半

地吹雪や牛飼住める茅のはて/堀口星眠

後半生よりの牛飼さくら咲く/太田土男

牛飼の一軒のこり冬に入る/築城百々平

牛飼は三代目雪くるべく来る/太田土男

俳句例:21句目~

牛飼は恵方を雪にとざされし/小黒/宏

牛飼が句を見せに来る夜の雪/細川加賀

氷柱打ち落す牛飼の一人つ子/太田土男

牛飼ひの牛にもの言ふ桃の花/宮岡計次

薺咲きキリシタン村牛飼へり/田村了咲

郭公も来て牛飼に男の子生る/太田土男

万緑や牛飼ひの掌のひろく優し/成田千空

日脚伸ぶ牛飼いの目は牛に似て/三須民恵

牛飼ひて角島とよぶ天高し/野見山ひふみ

牛飼の歌碑に萌え出で蕗の薹/町田しげき

牛飼星涼し人に後るゝばかりにて/小林康治

牛飼が歌咏む時に世の中のあたらしき歌大いに起る/伊藤左千夫

タイトルとURLをコピーしました