夜具を使用した俳句

夜具に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夜具を含む俳句例

友染の夜具欄干に椿かな/泉鏡花

西行の夜具も出て有紅葉哉/蕪村

夜具縞のどろ坊縞の狸かな/龍岡晋

ふるさとの夜具の重さよ初鴉/青陽人

花野来て夜は純白の夜具の中/岡本眸

夜具の下畳つめたき四月尽/橋本多佳子

夜具蒲団かむりしよりの我の闇/上野泰

夜具蒲団かむり聞きゐる子守唄/上野泰

帰省かな夜具一式に日の匂ひ/古在路子

机囃子遠去りてより夜具重し/小林康治

短夜の重たき夜具や飛騨泊り/伊藤柏翠

花御堂守る少年の夜具届く/亀田やす子

道具蔵夜具蔵鴨の引きはじむ/吉田紫乃

あるだけの夜具干す山家花の昼/高井北杜

よき眠り給へ柚子湯の香を夜具に/杉本寛

初花にまだ天鵞絨の夜具の襟/布施伊夜子

卒業の娘ら泊む妻の夜具も混ぜ/羽部洞然

夜具の襟起きむと思ふ息しろし/山口誓子

桃の花病に勝ちし夜具を干す/小池つと夢

梅雨冷えの夜具を引き合ふ島泊/毛塚静枝

俳句例:21句目~

煙脂くさき夜具ぞぼうぼうたる泪/三谷昭

鮭小屋の仮寝の夜具か片まくり/大畑善昭

夜具白く雪庇のごとし顔かげらせ/宮津昭彦

日の匂ひ夜具にふくらむ帰省かな/越野蒼穹

清明やひねもす夜具を日にさらし/小澤登代

秋の夜やしぼりの夜具をのべてより/森澄雄

緋の夜具をかむりて聴くや坊時雨/近藤一鴻

夜具干して労働祭の水夫かへらず/米沢吾亦紅

敷きのべし夜具のひかりや猟期来る/藺草慶子

雪崩が恐い裏窓夜具の緋色延べる/伊丹三樹彦

東風の山よ夜具から貨車が這出したよ/藤後左右

タイトルとURLをコピーしました