港町を使用した俳句

港町に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

港町を含む俳句例

豊橋に港町あり初荷船/耿陽

歌枕多くて港町日永/菅原玲子

鍋焼の提灯赤き港町/岡安迷子

十字架にまず風光る港町/源鬼彦

寒月や猫の夜会の港町/大屋達治

ある窓の聖樹の影も港町/福田蓼汀

秋つばめ盆地に港町一番地/穴井太

港町隠岐風蘭を軒なみに/草村素子

朝霧や消え残る灯の港町/寺田寅彦

やはらかく蝙蝠あげぬ港町/秋澤猛

港町海の機嫌の霰過ぐ/猪俣千代子

山の霧下り来て包む港町/飯田京畔

椋鳥渡る出船送りし港町/西村公鳳

春灯の山へのびゆき港町/高濱年尾

蜜豆や手にとるごとく港町/岬雪夫

雨一過みよ港町初夏の景/中村汀女

雨降りて南吹くなり港町/高浜虚子

風車売れて日高き港町/市場えつ子

父の世の外套はやる港町/古賀まり子

どこまでも薔薇整然と港町/岩田由美

俳句例:21句目~

リラ咲けば誰も旅人港町/古賀まり子

銀河から船現はるる港町/豊長みのる

明月に小雨降りけり港町/田中貢太郎

棕櫚の辺の冬日の欄干港町/木村蕪城

港町のっぺらぼうに雪が降る/穴井太

炎天の影もちあるく港町/八尾とおる

鶴もねむる北半球の港町/岸本マチ子

つばくろや男ばかりの港町/濱田のぶ子

港町ダチユラに荒き夕の雨/柴田美枝子

石蕗の崖負うてや港町書店/高田風人子

きさらぎの昼火事ありし港町/原田青児

芽ぐみゐる幹のうしろの港町/木下夕爾

クリスマス来る港町渦なす灯/柴田白葉女

港町まるごとメリークリスマス/甲田美代子

タイトルとURLをコピーしました