ほっとすを使用した俳句

ほっとすに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ほっとすを含む俳句例

世の中のほつといふ時はつ霞/元夢

着水の白鳥ほつと白くなる/森山夕樹

ほつとして仏法僧の山に入る/黒田杏子

ほつと舟の帆ふんわり枯草/栗林一石路

よき道へ上りてほつと春の雨/右城暮石

友が居てほつと笑顔の夏の駅/中江星雪

白地着てほつと息づく蹠見ゆ/松村蒼石

白梅やほつと朝日のふしの山/正岡子規

稻妻やほつとりとする薄曇り/正岡子規

はつとある紅梅ほつとある黄梅/矢島渚男

ほつと灯が点りはらりと初時雨/山田弘子

星ほつと七夕竹に生れけり/阿部みどり女

泰山木咲くはつとしてほつとして/益田清

海渡りし身に新涼の雨ほつと/成瀬正とし

秋蝶去り風景ほっとおとろふる/川口重美

穂芒の一つがほつと息吐けり/殿村菟絲子

蚊帳から抜けてほつとため息/小酒井不木

西空の柿のわめきのほつと消ゆ/桜井博道

豆ごはんほっと安堵すその彩に/高澤良一

首すぢにほつと螢の生まれけり/あざ蓉子

俳句例:21句目~

ほつとりと砂洲ぬれてゐる通し鴨/河合照子

ほつと月がある東京に来てゐる/種田山頭火

大根引く地の息ほつと吐かれけり/増山/登

石蕗の黄のほつと枯色起美女亡し/松村蒼石

雨ほつと折から野路のたんぽゝ黄/星野立子

青木ヶ原抜け来てほつと氷菓食ぶ/古杉長子

むかし初潮にほっとしたっけ梨の花/池田澄子

異國の坂をおりてきてほつと町の夏の灯/栗林一石路

人声にほつとしたやら夕桜/一茶/文化十一年甲戊

支那服を選びゐんきみにほつとりとともれるわれの身体あはれ/日高堯子

タイトルとURLをコピーしました