馭者を使用した俳句

馭者に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

馭者を含む俳句例

傘さして馭者鷹揚や夏の雨/奈良鹿郎

沖遠く穂麦流るる馭者の夢/小川軽舟

砂糖黍積みて水辺に馭者憩ふ/大串章

鰯雲赤き下着を馭者は干し/中烏健二

むちうちて馭者喫驚す秋の蛇/飯田蛇笏

女馭者髪なびくなる白夜かな/岩崎照子

弓手あげ星流れしと橇の馭者/成瀬正俊

橇の馭者坂も老馬に鞭打たず/小島左京

橇馬に荒鞭くれて馭者酔へり/田村了咲

胸隆き皮ジャンパーの女馭者/鷹羽狩行

野戦重砲馭者日の下に馬臭き/細谷源二

間借りして馭者の自炊や枯柳/吉田冬葉

高粱の高荷がくれに馭者の鞭/角/菁果

公園の馭者なき木馬月おぼろ/谷井野武士

干草に馭者寝て鞭を鳴らしけり/日野草城

息白く近づく馭者の馬車に乗る/田村了咲

星空へたちあがりたる橇の馭者/成瀬正俊

花南瓜馬車の世馭者の世は遠し/鷹羽狩行

集めたる駱駝の陰や馭者昼寝/鷲澤喜美子

馭者の打つ綱の艶出て水鶏の眼/吉田紫乃

俳句例:21句目~

馭者の鞭灼くる大地を打てりけり/森田峠

馭者若し麦笛噛んで来りけり/水原秋櫻子

山高帽の馭者がゐて源五郎がゐて/古館曹人

春眠の馭者を荷にして馬車もどる/大島民郎

酒場の灯ゆびさし笑ひ橇の馭者/成瀬正とし

馭者あふぐ見れば寒雁わたるなり/皆吉爽雨

馭者の目が馬にきびしい秋の暮/宇多喜代子

馭者遂に立ちて鞭うつ吹雪かな/加藤蛙水子

夜橇駆る馭者若ければつつたてり/成瀬正とし

町中にのこるトロイカ馭者老いたり/田村了咲

蟷螂は馬車に逃げられし馭者のさま/中村草田男

タイトルとURLをコピーしました