波間を使用した俳句

波間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波間を含む俳句例

不知火や女に通ふ浪間舟/野間喜舟

墨堤に返す波間の都鳥/鳥飼しげを

天草取波間波間にいぶく声/松藤夏山

春の月上りて暗き波間かな/後藤夜半

水牢を脱けて波間に雛抱く/高澤晶子

萍を波間に河口近づけり/篠田悌二郎

遠泳の頭波間に減りもせず/品川鈴子

遠雷や波間波間の大凹み/松本たかし

面上に散乱す花火波間にも/石原八束

一汁のほかはとどろく土用波/間立素秋

何笑うて波間に消へし鯨の目/高澤良一

初秋の潮の香闇の波間より/相河美智子

惜春や波間の鴎一トならび/五十嵐播水

昼寝覚波間に鯔の見えにけり/岩月通子

沙羅の花波間に蟹の沈むかな/岸本尚毅

まなかひに暗き浪間や初日の出/増田龍雨

一つ鵜の波間がくれの春浅き/大場白水郎

小田原の波の波間の一の花の舟/阿部完市

波間からぴんと出たり浦の玉兎/幸田露伴

波間よりこゑの飛びくる立版古/宇佐美目

俳句例:21句目~

波間吹くそよ風ゆかしさくら貝/佐藤春夫

生簀籠波間に浮ける遅日かな/鈴木真砂女

首立てて春の波間を鵜の一塊/日比野里江

せめぎ合ふ波間に海鵜ただよへり/三好知子

山を手にのせて波間のゆあみかな/正岡子規

ひとり寝や暗き波間はしぐれゐて/柴田白葉女

サーフィンの踊り出でたる波間かな/堀内紗知

ダリヤ燃ゆ拒否と受容の波間なる/河野多希女

日の落ちる波間のくらげわが喪見ゆ/金子弘子

舟速し波間の百合に遠ざかる/五十崎古郷句集

妻の名を花に与へて日本語の波間にあをくシーボルト居き/大口玲子

タイトルとURLをコピーしました