陸橋を使用した俳句

陸橋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

陸橋を含む俳句例

春一番陸橋渡る女弥宜/田村和子

陸橋の眞空白雲秋彼岸/石原舟月

陸橋の没日巨きな花祭/石原舟月

陸橋の高きを渡り山櫻/山西雅子

陸橋の空の白雲秋彼岸/石原舟月

朝焼の軌条聚れり陸橋下/石川桂郎

別れる陸橋がある雑草/栗林一石路

陸橋のらせん階段樟若葉/森田たえ

陸橋を俯き歩く白日傘/松本サキ子

陸橋を渡るひとりに春の月/村田脩

陸橋に満つ朝寒の女学生/草間時彦

昼旱鉄軌綯ひ交ふ陸橋下/石塚友二

陸橋に見送る尾灯十三夜/西村和子

四万六千日の陸橋故郷なし/八木荘一

日脚伸ぶ刺繍枠提げ陸橋に/宮武寒々

桃遠く咲く陸橋に少年暮る/宮坂静生

楽人一団陸橋わたる春烈風/伊丹公子

陸橋に雲うつくしく旅了る/藤木清子

陸橋の坂ゆるやかに朧月/秋元波末子

町凍る陸橋の裾引き入れて/宮津昭彦

俳句例:21句目~

春泥のむかし芋坂いま陸橋/富岡掬池路

西陸橋毀されてゆく大暑かな/蒲みつる

暾にぬれて陸橋の梅さきみちぬ/飯田蛇笏

海霧の陸橋抛物線の情事経て/八木三日女

陸橋の風のむかうにある冬日/富澤赤黄男

陸橋をひらひら越えて寒念仏/古賀まり子

越えきれぬ陸橋泛べてはあみもの/渋谷道

冬の陸橋に立ちて光に潜られる/田川飛旅子

息はづませ月の陸橋マラソン過ぐ/宮坂静生

陸橋をいずれへ降りてゆきても喪/窪田久美

陸橋に汽車にくゞられ桃投げたし/川口重美

陸橋から穂芒もレールも夕日の中/栗林一石路

汽罐車けぶらす冬の陸橋出勤者押す/中戸川朝人

タイトルとURLをコピーしました