種選びを使用した俳句

種選びに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

種選びを含む俳句例

仏壇の灯りも加へ種選/黛執

山上の城真向ひに種選/村岡悠

種選ぶ生別死別指太き/桂樟蹊子

浮籾の意外に多し種選/松本一青

種選むとき北国の風硬し/北光星

種選ぶ鼻先すぐに信濃川/加藤有水

白波の昼となりたる種選/斎藤梅子

種選ぶ百姓の肌眼となりて/林利子

天照皇大神の軸種を選る/茨木和生

沖荒れの一日は過ぎ種選/斎藤梅子

種選山が山押す飛騨の国/杉浦範昌

豊凶は御仏まかせ種選ぶ/遠藤善蔵

うしろより風が耳吹く種選み/飴山實

吹き晴れて比叡近しや種選/向井節子

種選るや夜すがら音し雪雫/園部蕗郷

降り出しの雨粒甘き種選び/宮田正和

雨の日の芋種選ぶ芽の白さ/市村究一郎

てのひらを大きく厚く種選ぶ/百瀬美津

人ごゑの日向にまはる種選び/児玉輝代

太陽も土もまちをり種を選る/国弘賢治

俳句例:21句目~

嫁ぐ子と花種選りぬ春立つ日/伊藤京子

手ぬぐひの端に風ある種選び/今瀬剛一

種を選る亡母の名のある笊二つ/河津春兆

種選るや通りがかりに樹を叩く/藤田湘子

種選るや野を吹き覚ます風の音/西村信男

種選ぶ働くことの好きな掌よ/佐藤南山寺

水に富む美しくにかも種を選る/佐野美智

七種と選ばれ畦に摘まれけり/大谷ユキヨ

集まればうづくまる癖種選び/新谷ひろし

百姓のことより知らず種を選る/平松慶子

種選るや湖北はおもき雲つどひ/鷲谷七菜子

種を選る土のぬくさをこゝろ待つ/戸沢寒子房

「日々に死すべし」と口ずさみ種選ぶ/田川飛旅子

タイトルとURLをコピーしました