泡沫(うたかた)を使用した俳句

泡沫(うたかた)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

泡沫(うたかた)を含む俳句例

稚鵙に泡沫の雲ただよへり/原裕

土用浪暫し泡沫漂はせ/高澤良一

春よ泡沫器官内泡沫細胞/夏石番矢

うたかたに賑ふ水面雨蛙/稲畑汀子

泡沫のなほ立ち昇る昼寝覚/高澤良一

露草の花うたかたの恋の彩/岐志津子

うたかたのくの一を抱く菊枕/小林草夫

うたかたの土塁しばらく虫選/斎藤梅子

うたかたの恋も終りし秋扇/渡辺美千代

うたかたの海辺の恋や八月尽/吉屋信子

若芦にうたかた堰を逆ながれ/杉田久女

うたかたとなるまで鴨の漂へり/小澤克己

うたかたの恋にも似たり雪蛍/市川弥栄乃

うたかたの花かとひかる浮藻哉/高田蝶衣

啣へては放すうたかた水草生ふ/山田弘子

堰落ちしうたかたも亦春の水/明石いせ女

我も亦ラッシュアワーのうたかたか/篠原

月明り波のうたかた見ゆるほど/成嶋瓢雨

水温む妻はうたかたを云えり/伊地知建一

秋の水三輪山を出てうたかたに/和田悟朗

俳句例:21句目~

羽子板市うたかたの世へ誘はる/岡田和子

雪虫の翔ぶうたかたを君逝けり/川上巨水

うたかたの消えかつ生まれ鯊日和/成井侃

うたかたのかたち欲りゆく石鹸玉/中原道夫

うたかたのみの虫凭れいて微笑/塩谷美津子

うたかたのビールの泡と了ふ一日/高澤良一

うたかたの愛いくつ泛く水中花/横坂けんじ

うたかたの虹たつ鶴の野に来たり/大島巨雨

うたかたの間に古稀となり冬紅葉/清原花子

水に浮くものうたかたと浮巣かな/稲畑汀子

うたかたに流離のこころ水草生ふ/ほんだゆき

うたかたの世の隅目刺焦がしをり/平木智恵子

うたかたの記を読み返す春の風邪/山内年日子

つなぎあふ手のうたかたや竹の秋/鳥居美智子

五月雨のうたかたをみて遊びけり/高橋淡路女

絶えまなくうたかた浮ぶ水草かな/宮部寸七翁

山深く在りて枯れゆく山帰来一期の朱も風の泡沫/安永蕗子

タイトルとURLをコピーしました