下京を使用した俳句

下京に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

下京を含む俳句例

下京や雪積む上の夜の雨/凡兆

下京や風花遊ぶ鼻の先/沢木欣一

沈丁花匂ふ下京長者町/中村阪子

下京やさざめき通る薺うり/蝶夢

下京の果の果にも十夜かな/許六

夕立や下京は草の露もなし/附鳳

下京や月夜月夜の水菜畑/庄司圭吾

一日を下京にゐる鱧茶漬/橋本榮治

下京に買ふ線香や松の内/山本洋子

下京や藤咲く頃の貸二階/会津八一

下京の一客となる麻衾/上野さち子

下京や雪つむ上の夜の雨/野澤凡兆

下京を過ぎてしばらく青嵐/桂信子

下京の暗に消えけり鉢叩/伊藤松宇

下京の果のはてまで十夜かな/許六

下京の雨の八十八夜かな/関戸靖子

白木槿下京に足損ねけり/山本洋子

下京やさくら葛湯の夜の底/堤保徳

下京の仁王の肩の瑠璃蜥蜴/坪内稔典

下京や跼みてはらふ膝の雪/柿本多映

俳句例:21句目~

下京や箱庭の丹を濡らす雨/大屋達治

下京の梅雨の紅殻格子かな/室積徂春

春に夜や下京更けて琴の音/正岡子規

いちにちを下京にゐる鱧茶漬/橋本榮治

下京のともし火並ぶ夜寒かな/高浜虚子

下京の夜のしづもりや空也の忌/森澄雄

下京の水菜も薹の立ちにけり/清水基吉

下京をめぐりて火燵行脚かな/内藤丈草

下京の夜涼に消ゆる僧の列/鹿倉はるか

下京やかやりにくれし藍の茎/加舎白雄

下京は雪となりたるまながつお/大石悦子

下京や滾る湯くぐり鱧の咲く/河合多美子

下京や雨をうるます夜なべの灯/上田五千石

下京の窓かぞへけり春の暮/一茶/文化二年乙丑

タイトルとURLをコピーしました