唐紅を使用した俳句

唐紅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

唐紅を含む俳句例

浮くや金唐紅の薄氷/正岡子規

秋風や唐紅の咽喉仏/夏目漱石

咲きにけり唐紅の大牡丹/正岡子規

忠義とは唐紅に散る紅葉/菖蒲あや

空蝉のからくれないに砕けたり/間石

りゆくさつく唐紅や小六月/相生垣瓜人

初鼓からくれなゐの緒を捌き/三村純也

夕空のからくれなゐに義士祭/井沢正江

朝寒やからくれなゐの唐辛子/村上鬼城

逝く秋のからくれなゐの心意気/桂信子

金玉からくれなゐに染まりけり/唐振昌

古草に雉子のからくれなゐ潜む/村越化石

大うるしからくれなゐに紅葉せり/上村占

泳ぐかなからくれなゐの形代と/夏石番矢

眠れねばからくれなゐの谿紅葉/野澤節子

秋暁のからくれなゐに天の彦山/石原八束

筥の中からくれなゐに雉子鳴く/古舘曹人

紅梅のからくれなゐの瑞枝かな/大橋敦子

袖口のからくれなゐや新酒つぐ/日野草城

からくれなゐ地をくゞるとや茜掘/井原西鶴

俳句例:21句目~

唐辛子からくれなゐに干して留守/清原枴童

地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島/櫂未知子

御降りやからくれなゐに暮れしあと/松澤昭

戀猫やからくれなゐの紐をひき/松本たかし

春の塵からくれなゐのまじりけり/長谷川櫂

知命かなからくれなゐに冬木の芽/岸原清行

夕やけや唐紅の初氷/一茶/文政二年己卯

寒牡丹からくれなゐに武士の怨/鍵和田ゆう子

かまつかのからくれなゐの別れ蚊屋/松本たかし

ざり蟹のからくれなゐの少年期/野見山朱鳥「運命」

春の夜にわが思ふなりわかき日のからくれなゐや悲しかりける/前川佐美雄

タイトルとURLをコピーしました