蒲の穂絮を使用した俳句

蒲の穂絮に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蒲の穂絮を含む俳句例

石棺にたゞよひ落ちぬ蒲の絮/飴山實

蒲の穂に風が来てゐる神の沼/芝由紀

蒲の絮冬の別れを急ぐなり/神山白愁

休耕田蒲の穂絮の飛びはじむ/小野三子

呆けとぶ蒲の穂家を移らんか/佐野美智

大いなる蒲の穂絮の通るなり/高野素十

天をとび樋の水をゆく蒲の絮/飯田蛇笏

日輪へ蒲の穂絮の飛びはじむ/島谷征良

蒲の穂に嫗あらはれ長夕焼/大峯あきら

蒲の穂に緋の絨緞の見ゆる家/飯田龍太

蒲の穂の痩せに痩せたる水の影/森田峠

蒲の穂を蜻蛉離れて船著きぬ/岡安迷子

蒲の絮ほうけて吹かる新公園/満田玲子

蒲の絮古き景色に飛びにけり/勝又一透

収拾のつかざる蒲の穂絮なり/千代田葛彦

沼の日をいつぱいの宿蒲の絮/石井とし夫

蒲の穂の濡るゝも雨は眼に見えず/森田峠

蒲の穂をユタの荒野に見とどけぬ/原田喬

蒲の絮湧き立つさまに風やまず/桑田青虎

ぼろぼろの蒲の穂絮の法師たち/八木林之介

俳句例:21句目~

まだ見えて風にのりゆく蒲の絮/吉江八千代

蒲の穂のこんがり焦げし日和かな/木内怜子

蒲の穂はなびきそめつつ蓮の花/芥川龍之介

蒲の穂は剪るべくなりぬ盆の前/水原秋櫻子

たじろぎて蒲の穂絮を浴びにけり/八木林之介

蒲の穂の絮がごそりと缺けにけり/八木林之介

蒲の穂の行き違ひつつ飛ぶもあり/松本たかし

蒲の穂やはだしのままに子の育つ/池内たけし

蒲の絮引っ張り合うて飛び立ちし/井上ひろ子

霊薬摂つて蒲の穂架にくるまれよ/中村草田男

蒲の穂絮きれいな名前呼んでいる/こしのゆみこ

タイトルとURLをコピーしました