神代を使用した俳句

神代に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神代を含む俳句例

初鶏に神代の臼と申すべし/一茶

若あらば神代の皰若えびす/常矩

山が山恋せし神代実紫/藤岡紫水

元朝や神代の事も思はるゝ/守武

初鶏や神代のままの星の数/杉良介

神代より色替へぬかな松と浪/一茶

雛立てゝ庵は神代の姿哉/正岡子規

天日をくらめ神代桜かな/川崎慶子

思ふべき神代や門の松のしん/重頼

太陽と朝な夕なに神代杉/上野草子

初茜神代の鳥の石たたき/邊見京子

一天の青き神代を里神楽/平畑静塔

一日の神代なるべし初がすみ/春蟻

山が山恋せし神代初手斧/大庭紫逢

元旦や神代のことも忍ばるゝ/守武

松茸に神代の宵や通り雨/加藤郁乎

裸雛人に神代の昔あり/後藤比奈夫

帯せぬぞ神代ならまし踏歌宴/其角

天界をくらめて神代桜かな/川崎慶子

山椒この滝に棲む神代より/山口青邨

俳句例:21句目~

木兎や眼を爛々と神代より/野村喜舟

枚岡の神代はしらず雪曇り/飯田蛇笏

水無月や滞船ゆるゝ神代川/前田普羅

泉あり遠き神代に恋ありき/山本歩禅

神代より対馬の月よ漁火よ/岡本麻子

神代より波と闘へる岩朧/石島雉子郎

神代より誰か教へて猫の恋/正岡子規

麦の芽の神代村に来て遊ぶ/遠藤梧逸

神代桜甲斐の山気に白を帯ぶ/有働亨

裏白に映えて神代の灯かな/野村泊月

風蘭や神代の苔のむした松/正岡子規

風蘭や神代の苔もついた松/正岡子規

鵙の贄この静けさは神代より/松本旭

あらたまの神代窟の一壺かな/稲荷島人

初あかね神代の鳥の石たたき/邊見京子

鶺鴒や土打つことを神代より/野村喜舟

戸の隙を雪吹き白らめ神代記/野澤節子

里神楽神代へ敷居ひと跨ぎ/斎藤由美子

葛城山を神代にもどす朧かな/狩屋可子

すみにけり巌下清水神代より/幸田露伴

俳句例:41句目~

香具山の神代の恋や春しぐれ/谷中弘子

神代桜咲くてふ風も息ひそめ/橋本榮治

元日や神代の事も思はるる/荒木田守武

椋鳥は神代より在る樹々を知る/久米正雄

おほらかに神代はみだら里神楽/平畑静塔

お降や松は神代の夜の音/吉武月二郎句集

この村の神代の淵に泳ぎの子/大峯あきら

伊良湖まで伊勢の神代の霞展ぶ/大屋達治

印南野は花菜曇りの神代より/鈴鹿野風呂

忘れゐし神代がありて桐の花/町田しげき

清水飲む神代のごとく髪束ね/永島理江子

神代より踊つたへて来し手足/今井千鶴子

猿酒に酔ひける人や神代舞/菅原師竹句集

神代踊夜更けて祖谷のざんざ降り/河野穣

秋日病み聞くは神代の鶏の声/高橋淡路女

大いなる神代の干潟曇りつつ/大峯あきら

あらたまや神代の色に伊勢の海/佐藤美恵子

薔薇の香を神代の風に零しつつ/稲畑廣太郎

山路来れば蜥蜴神代のさまに遊ぶ/村越化石

和布利桶神代の潮をしたたらす/大江加代子

俳句例:61句目~

青葉木菟神代の国は寝しづまり/豊長みのる

初夏の川ながれて神代かも知れぬ/平井照敏

ひぐらしが鳴けり神代の鈴振つて/山口誓子

神代より独りゐまじく炉ありけむ/林原耒井

いもり棲む神代の日より生きかはり/上村占

神代よりのこの寒日に競うもの出よ/細谷源二

カボスと蝦蛄と目細く生きて神代髷/谷山花猿

御器噛の流線型は神代より/蟇目良雨「神楽坂」

神代より瑪瑙も梅雨も青き国/河野頼人「木の実」

神代ざくら八ッ岳と甲斐駒岳ふりわけて/多田裕計

貧乏正月でもいつも神代藤平が来て元日なり/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました