終日を使用した俳句

終日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

終日を含む俳句例

鮎汲の終日岩に翼かな/蕪村

北庭の終日いてゝ水仙花/坦々

鴬に終日遠し畑の人/與謝蕪村

鱈汁や終日黒き日本海/比田誠子

花の終日鯛の尾鰭の性感よ/林桂

薄氷や終日昏き像の額/対馬康子

石臼に終日氷浮いている/林政子

春の海終日のたりのたり哉/蕪村

終日の雨めづらしき弥生かな/信徳

葭雀の終日啼いて水長し/尾崎紅葉

山葡萄峰は終日雲の中/塩沢とき子

蝉の官能終日海でありしかな/林桂

郵便受終日空に万愚節/古賀まり子

濤を刃に替へて終日春霞/小澤嘉幸

目貼りして終日鳴らす鑿音/水野遼

笹鳴や終日開けぬ寺障子/野村泊月

夕餉さへ終日ひとり雁わたる/及川貞

怒る羅漢を終日囃す油蝉/勝又寿々子

終日や鳴子鳴りては雀飛ぶ/柳川春葉

籾浸し終日昏らき自在鍵/鍋谷ひさの

俳句例:21句目~

藁仕事土間は終日日当りて/熊谷秋月

麦の芽に終日富士の姿あり/滝沢信子

外套や終日雲にまつはられ/徳永山冬子

日迎への終日かぶる帽子かな/岡田史乃

蓮根を終日掘って微々たる跡/右城暮石

雪なき田見えて終日落着けず/中川博秋

牡丹散り終日本を読まざりき/山口青邨

春尽くる海や終日杭打たれ/岸本マチ子

露草の終日咲いて曇りけり/阿部みどり女

漁師終日澄む海の魚突きゐて春/大橋裸木

終日の雨まなうらに鬼形の幼女/林田紀音夫

翅の昏らいすずしさ終日鈴虫飼う/伊丹公子

醒めぬ眼を終日持てり梨の花/鍵和田ゆう子

終日逃げるここらあたりがカチカチ山/阿部完市

タイトルとURLをコピーしました