時間を使用した俳句

時間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

時間を含む俳句例

綿虫や安静時間緩やかに/波郷

点滴の忘想時間花曇/星野石雀

一生の残り時間の夜干梅/岡本眸

凩の時間を炒め厨人/田川飛旅子

春昼の時間重たき崩れ畦/岡本眸

夕刊の届く時間よ花卯木/星野椿

美しき滞空時間花吹雪く/澤野弘

美しき春潮の航一時間/高野素十

同じ道同じ時間を穴惑/松山足羽

鳴る滝に余りし旅の一時間/原裕

療園に時間は澱む揚羽蝶/有働亨

蜻蛉生れ沼の時間が滞る/丹生千賀

搾乳の実演時間小鳥くる/佐藤千都

菊咲いて女に水と時間澄む/桂信子

この谷戸の日照時間烏瓜/高澤良一

沖を過ぐ時間の青し卒業す/寺井治

一時間先の約束鳰浮いて/橋本榮治

花杏旅の時間は先へひらけ/森澄雄

第二楽章夜濯の時間かな/折井紀衣

竜胆に流るる雲と白い時間/有働亨

俳句例:21句目~

死ぬまでの自由時間を夏の河/林桂

元日の闇に時間の充満す/中村正幸

初夢の滞空時間永きかな/能村研三

空間を時間素通り夜の秋/加藤静夫

脳の中時間が重し黄金虫/阿部完市

蓮池に青い時間が冬眠する/穴井太

聖樹点滅考へる時間欲し/津田清子

贅沢な一人の時間灯下親し/塙告冬

太陽が凍る時間の鷺の脚/河合凱夫

夏時間鐵の増産日々確か/筑紫磐井

糸長き蓑虫安静時間過ぐ/石田波郷

人間の遠薄氷の時間かな/永田耕衣

短日の茜に時間かけてをり/蔦三郎

螢来て時間を廻す水車/小泉八重子

參内の時間に近き雜煮哉/正岡子規

今年あと六時間なる飾売/門屋文月

水と時間と雪渓の底流れ/津田清子

冬山に時間ありけり点眼す/岡本眸

持ち時間ありと思へり初茜/森悠子

浮氷見てゐる自由時間かな/岡本眸

俳句例:41句目~

夏鴉地に蜿蜒と時間あり/和田悟朗

わが知らぬわが持時間芝青む/林翔

桜鰔旅の時間の余りけり/飯島晴子

病人に一人の時間水中花/稲畑汀子

猫柳緑金に炎え児の時間/佐藤鬼房

狐罠見て石仏の遠い時間/石崎素秋

水馬見て退屈をせぬ時間/松尾白汀

屠蘇酌みてまだ晩年の持時間/柊愁生

山雀や男時間の湯につかる/飯村弘海

算数の時間をよぎる鼬かな/武井清子

純白の時間とまらず花辛夷/藤岡筑邨

網戸より夕風心地よき時間/稲畑汀子

花に酔う退職までの数時間/対馬康子

ここまでは子供の時間盆踊/高澤良一

このごろの日照時間帰り花/後藤夜半

花氷時間とけつつありにけり/塙告冬

しばらくは白い時間の玉霰/清水径子

持て余す時間連翹真っ盛り/高澤良一

残されし二人の時間冬桜/佐々木節子

延年舞時間の凍る音すなり/矢島渚男

俳句例:61句目~

薄氷の少し流れし時間かな/正田稲洋

蚊遣香己の時間始まりぬ/藤井寿江子

蟻の列足元にある待ち時間/米山節子

行く春の時間を戻す写真展/鈴木楽庵

退屈な時間蓑虫垂れてをり/柴田奈美

ひかり飛ぶ時間のひまの更衣/岡本眸

透明な少女の時間花ミモザ/白澤良子

雨の谿飛ぶ蝶残り時間無し/津田清子

雪の舞時間に房のあるごとく/齋藤玄

石垣に撫子旅の妙な時間/加倉井秋を

死に至る時間蕪を煮る時間/永島靖子

み仏の時間をずらす羽抜鶏/栗林千津

短日の指を零るる時間かな/長山あや

青芝の日照時間尽きるまで/後藤夜半

風花の大勢小勢待つ時間/橋本多佳子

機械場の休み時間の葵かな/野村喜舟

鰯雲画布に時間の溜まりゆく/大串章

白桃や耕衣と共にせし時間/永島靖子

山の辺の柿山にゐし一時間/茨木和生

熱燗や二時間前は阿弥陀堂/鈴木鷹夫

俳句例:81句目~

化粧する私の時間水中花/矢野佐恵子

点滴の時間の端にわが子雀/林とよ子

一日の眠き時間よ亀の鳴く/稲畑汀子

一時間ほど一人旅枯河原/高桑婦美子

一泳ぎせり鍼灸の待ち時間/茨木和生

持ち時間使い果せり水中花/福原栄子

三椏に日照時間伸びて来し/高澤良一

不惑とうに過ぎ竜胆の時間/石田順久

炎天を駆けて降園時間なり/対馬康子

今すべて静止の時間春の昼/池田君江

伸び縮む時間たのしや冬桜/矢島渚男

体内に時間とどまる飾り臼/永原三郎

何急ぐ心もなきに夏時間/殿村莵絲子

滝の時間女身の時間霧を生み/森黄耿

持時間盗まれやすし鳥雲に/手塚美佐

海峡のはげしき時間桃の花/親谷道子

公園は雀の時間あたたかし/内田雪泉

兵士眠る街中に鳥棲む時間/阿部完市

流氷の白き時間が軋むなり/倉田素香

冬薔薇ふたりに別々の時間/為成暮緒

タイトルとURLをコピーしました