脚絆を使用した俳句

脚絆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

脚絆を含む俳句例

茸狩や若い女の白脚絆/寺田寅彦

蓴菜や脚絆姿の老教授/福田蓼汀

送行の白き脚絆の揃ふ坂/山上荷亭

朝寒や木曾に脚絆の旅心/正岡子規

朝寒や脚絆に木曾の旅心/正岡子規

一僧の脚絆真白き夏野哉/酒葉月人

木枯や大津脚絆の店ざらし/炭太祇

玉虫をつけ行乞の白脚絆/南/典二

寝墓並び厚い脚絆の草刈女/爽波/

修道女露の脚絆のまま祷る/西本一都

弘法の真白の脚絆初大師/山岡てる子

御手洗をかこむ遍路の白脚絆/森田峠

断崖へ松茸採りの足袋脚絆/岡田日郎

白脚絆冬濤とほく崩れけり/斎藤梅子

脚絆解いて魂祭るなり旅戻/正岡子規

日盛りや身延詣の白脚絆/神田美穂子

たまむしをつけ行乞の白脚絆/南/典二

峯入りのしんがりを守る白脚絆/塩崎緑

峰二つ踏みきし汗の白脚絆/小島千架子

峰入のきりりと手甲脚絆かな/富田直治

俳句例:21句目~

紺脚絆岩を飛びけり山女釣/柿原けん一

脚絆からはじまる豪商蝸牛/梶山千鶴子

草いきれ脚絆の紺を頼みかな/野村喜舟

額白く巻脚絆解く蚊火の縁/文挟夫佐恵

なまはげの素足につけし藁脚絆/安川掴雲

日脚やゝのびしと思ふ脚絆とく/岸風三樓

草いきれ脚絆につける炎かな/東洋城千句

おきぬけに脚絆はいたる蒲団かな/吉田冬葉

女郎蜘蛛黒地の脚絆染めてをり/粟津松彩子

白脚絆洗ひ栄えして春の旅/吉武月二郎句集

短日の炉によりてうつ脚絆かな/金尾梅の門

脚絆も黒く若き君等の冬深まる/鈴木六林男

枯れをゆく杣の脚絆の飛ぶごとし/野澤節子

タイトルとURLをコピーしました