南北/を使用した俳句

南北/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

南北/を含む俳句例

梅遠近南すべく北すべく/蕪村

東西に南北に山雪籠る/茂里正治

南北に友のふるさと楝の実/林徹

烽火山南北に立つ畑起す/下田稔

南北の又棺桶や二の替/野村喜舟

南北を考えている寒卵/永末恵子

北窓を開き南の窓磨く/岸/洋子

北窓は塞ぎ南に海を置き/高木晴子

南北の雪嶺太陽西へ行く/津田清子

初雁や南北を指す田の道も/大熊輝一

南北に前後にゆるす女かな/攝津幸彦

南北をかんがえている寒卵/永末恵子

北窓に雁見き南窓に待つ/中戸川朝人

鷭の巣に雨南北に國長し/長谷川草々

南とも北ともいはず秋の風/藤野古白

南北米移民日焼し手を握る/保田白帆子

鳰あまた北し南し比良の裾/阿波野青畝

はたた神南の空は北の模写/田川飛旅子

やゝ寒く南へ抜ける北の音/田川飛旅子

乾鮭北より柚味噌南より到る/正岡子規

俳句例:21句目~

北が吹き南が吹いて暮るる春/臼田亞浪

北へ但馬南へ摂津大豆干す/上野さち子

北塞ぎ南縁薔薇のひとつ咲き/岸風三樓

南北にとどきて阿蘇の天の川/伊藤通明

南北のなんでまひるの荻や馬/安井浩司

南は桑名北の藤波やすく渡し/井原西鶴

振子北に虫を南にききねむる/野澤節子

南北忌真水流してをりにけり/鳴戸奈菜

南北の旅に夏菊咲きにけり/長谷川かな女

かりがねや切株にある北南/ながさく清江

悲喜に北し南し白雪界を出でず/平井さち子

アスパラ北より早生トマト南より/鈴木真砂女

紙のあと深く残りて文字かくす南北朝期の乱れさながら/市野千鶴子

タイトルとURLをコピーしました