破船を使用した俳句

破船に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

破船を含む俳句例

朝凪の破船の肋白き浜/梶大輔

海峡に灯す破船や春疾風/田代朝子

陸中に破船亭あり春北風/矢島渚男

初潮の引かぬ破船の機関室/不死男

潮退けば浮ぶ破船や万愚節/久保武

船虫よ破船の片もなき岬に/鷹羽狩行

おほかたの露の吊舟草破船/皆吉爽雨

病間や破船に凭れ日向ぼこ/杉田久女

星月夜骨のごとく破船あり/永島靖子

行く秋や破船の中を潮流れ/岸原清行

夕月や破船に沈む刻が来し/今瀬剛一

虻うなる破船廃舸の蔭日向/成田千空

枯芦や破船一隻突きさゝり/徳永山冬子

炎天の破船を更に毀ちをる/山口超心鬼

破船より高きもの無し流れ星/今瀬剛一

破船竜骨なほも卯浪に抗へり/岸原清行

夜光虫破船の闇のがらんどう/黒木野雨

秋潮の破船あばらをとどめをり/赤松子

虹消えし空のどよめき破船群/今瀬剛一

南風や破船の月日影もなし/野見山朱鳥

俳句例:21句目~

籐椅子に睡り破船の夢を見ぬ/鈴木鷹夫

芭蕉葉や破船のごとく草の中/川端茅舎

日盛りの破船無数の蟹が棲む/中島斌雄

鳴く蚯蚓破船は誰が倒せしか/今瀬剛一

浪晩夏破船を洗ふばかりにて/中島斌男

凍れ日の破船に据わるわが素首/佐藤鬼房

オホーツクの破船花野の旅終る/北島虚石

夜学淋し運河の破船玻璃に峙つ/橋本鶏二

破船までつづく風紋防風摘む/池内けい吾

破船より翔ちて帰燕に加はれり/鷹羽狩行

苦潮のひた~寄する破船かな/原川一草人

荼毘のごと燃やす破船や終戦日/野村久子

野水仙破船を母と見し日あり/大木あまり

鉄片をこぼす破船やきりぎりす/矢野聖峰

春鴎群れてなまなましき破船/大木あまり

はまなすの囲む破船やオホーツク/池田祥子

はまなすや破船に露西亜文字のこり/原柯城

春ひとり破船に見おろされてをり/今瀬剛一

破船焚く蝶来ればその影も焚く/佐野まもる

渦潮に手あり破船をひきずり込む/品川鈴子

俳句例:41句目~

破船の骨あるまゝに雪つもりけり/松瀬青々

灼け破船からんと置きて尻屋崎/鳥居おさむ

破船塊釘もろともに末枯るる/野見山ひふみ

秋立つや破船の白きほのめきに/金箱戈止夫

破船見て干潟に道あるごとく行く/加倉井秋を

桐咲くや破船いよいよ江になじみ/織野/健一

やや高く破船に似たる古巣あり/七田谷まりうす

ノシャップや破船に昼のちちろ鳴く/御子柴光子

月の破船の時計がボーンと鳴っている/西川徹郎

母の日の破船に青藻房なせり/小檜山繁子「紙衣」

めぐすりを差したるのちの瞑目に破船のしづくしたたりにけり/葛原妙子

タイトルとURLをコピーしました