馬の尻を使用した俳句

馬の尻に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

馬の尻を含む俳句例

万歳や馬の尻へも一祝ひ/一茶

秋光やここ帯広の馬の尻/杜春

霧こめて道行先や馬の尻/几董

寒垢離に尻背けたる繋ぎ馬/蕪村

桔梗も馬の尻毛も靡く野ぞ/展宏

冬暖か綺麗に割れて馬の尻/堀敬子

凩に吹き落されな馬の尻/正岡子規

初夢や赫々として馬の尻/大木あまり

菫咲き埴輪の馬に尻の穴/田川飛旅子

霧こめて途ゆく先や馬の尻/高井几董

鞍とれば寒き姿や馬の尻/河東碧梧桐

馬の尻に行きあたりけり年の市/子規

馬の尻みがく少年雲の秋/小松崎爽青

馬の尻馬の尻ここは雪の国/細谷源二

梅雨空のずり落ちて来る馬の尻/石寒太

橇馬の臀毛少なに老いにけり/飯田蛇笏

満々たる馬の臀見え冬越す芽/成田千空

爽籟や艶にも馬の尻ならぶ/篠田悌二郎

馬の尻の綺麗に割れて菫咲く/中村和弘

馬の尻雪吹きつけてあはれなり/子規句集

俳句例:21句目~

馬の臀摶たれてひびく霜来つつ/藤田湘子

麦生うや哀しくまろき馬の尻/北原志満子

地吹雪と行くほのぼのと馬の臀/橘川まもる

夕涼や水投つける馬の尻/一茶/文化十一年甲戊

タイトルとURLをコピーしました