学舎を使用した俳句

学舎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

学舎を含む俳句例

古蚕笊垣とし学舎に隣る/木村蕪城

風の学舎青萩の腰柔軟に/宮坂静生

花楓匂ふ学舎に孔子廟/詫摩まつ子

向日葵や丸き学舎輝きて/松井英智子

学舎に新樹蔭なし敏郎の忌/三村純也

雷雨中駈けて林間学舎の子/中原一樹

霰うつわが少年の日の学舎/堀口星眠

学び舎に朝の唱歌と雀の子/山内遊糸

学び舎の丸太二本の月の門/田村了咲

山の上の学び舎灯る十三夜/佐野靖子

まくなぎや学舎に残る鉄格子/宮坂静生

幻燈会林間の学舎椅子を貸す/山口誓子

秋風の学舎カバン屋修理に来/宮坂静生

行く秋の闇を早めし学舎の灯/蒲生繁代

雪晴の谿の深きに学舎見ゆ/石橋辰之助

学び舎に聳ゆる黄葉銀杏かな/永沼直行

学び舎に鼓笛の調べ水澄めり/深澤碧水

学び舎の古きを誇り文化の日/小野響洋

学舎に古りし棟ありつばくらめ/石塚友二

学舎よりコーラス乗せし秋の風/今泉貞鳳

俳句例:21句目~

根も花もさらし学舎ヒヤシンス/二村典子

灯火親し賢治学舎の置きランプ/高杉至風

葉ざくらや学舎のこと罰のこと/鷹羽狩行

枯蓮や学舎は古城さながらに/竹下しづの女

笛吹の学舎のさくら見つゝ過ぐ/石橋辰之助

銀杏愛し去ぬ日はちかき学舎の線/太田鴻村

コウといふ学び舎冬のすみれ咲き/平松良子

学び舎の灯に顔上げぬ夜桑摘み/石橋辰之助

あしたより学舎の大炉ゆたかなる/石橋辰之助

ロシヤヒマワり学舎を跨ぎつつ海ヘ/豊口陽子

子等散つて深雪の学舎たそがるゝ/石橋辰之助

学び舎にのがれ来しまゝけふの月/大橋櫻坡子

タイトルとURLをコピーしました