かんじきを使用した俳句

かんじきに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

かんじきを含む俳句例

強力の風負ひ戻る輪かんじき/太田蓁樹

新しき雪のかんじき軽かりし/瀬戸十字

良寛忌かんじき穿いて餅配り/細谷鳩舎

かんじきをはいて一歩や雪の上/高浜虚子

かんじきを履きて高野の人力車/福田蓼汀

かんじきを提げて歩けり京都駅/茨木和生

かんじきをはいて一歩や雪の上/高浜虚子

かんじきを履きて高野の人力車/福田蓼汀

かんじきを柩に入れて杣の葬/成瀬櫻桃子

冬山を恋ふ目かんじき壁に吊り/小林康治

早発ちのかんじき鳴らす星の中/小林碧郎

楮橇曳くかんじきを穿きにけり/西本一都

真悲しやかんじき用の足に生れ/櫂未知子

若者の踏み跡ゆゆし輪かんじき/佐藤瑠璃

二階より出づかんじきを雪に置き/吉田渭城

密猟者めくかんじきを穿きにけり/沼澤石次

履くことのなきかんじきを壁飾り/堀米秋良

杣病めりかんじきを炉に吊りしまま/東天紅

軒に吊るかんじき夕日したたらす/山本雅子

かんじきを戸に打ちつけて雪落す/牛木たけを

俳句例:21句目~

かんじきを持ち赤電話してをりぬ/八木林之介

かんじきを風に吊りたる市日かな/菅原多つを

履き捨てゝくれとかんじき作りくれ/水本祥壱

かんじきをはきたるごとくあめんばう/関森勝夫

かんじきをはくやかたみに灯を向けて/手島靖一

かんじきを脱ぎたる足の地に着かず/澤原たけお

つひにわがかんじき雪にもつれ初む/小林黒石礁

泥のかんじき鎌でさげてき別の田刈る/古沢太穂

ごぼりとかんじき手束の稲をくくりては/古沢太穂

束ねて投げまた刈るごぼりと田かんじき/古沢太穂

タイトルとURLをコピーしました