落城を使用した俳句

落城に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

落城を含む俳句例

落城の暁寒し時鳥/正岡子規

落城の昔に似たり時鳥/正岡子規

落城の昔は知らず花吹雪/稲垣鷹人

ビー玉の中の落城麦の秋/越谷双葉

落城の仕掛松明天に冴ゆ/伊東宏晃

落城の碑文色なき風の中/高橋佳子

めまとひや板一枚の落城譜/若木一朗

落城の余熱のごとき烏瓜/小泉八重子

大冬木あり落城の歴史あり/細川子生

大阪の落城を鳴く蛙かな/大須賀乙字

落城のごとき肥前の焼野原/佐川広治

落城址秋草荒く吹かれをり/安江芳郎

葛水の葛の落城してゐたり/大石雄鬼

輪廻とも見し蝉の穴落城址/桑田青虎

落城の如く蘆焼く火の崩る/石井とし夫

落城の炎のごとく毛虫焼く/中戸川朝人

落城の石垣黒く冱ててをり/波多野惇子

落城の雲を出でたり今日の月/藤野古白

落城史知らぬ小谷の小松引く/丸山海道

蒲の穂のさわぐ一夜を落城史/池山きぬ

俳句例:21句目~

地の果は落城いろと鷹舞えり/小泉八重子

海月沈む或る落城をおもいつつ/平島一郎

落城のごとくに仕掛花火かな/片山由美子

落城史風に浮き立つ群れ菫/鍵和田ゆう子

落城の日も夏萩の咲きたると/大木あまり

いたづらに菱紅葉しぬ落城史/阿波野青畝

冬天にゆゆしきほむら落城史/町田しげき

落城の碑を団栗の打ちにけり/加藤三七子

霜夜の砦火の海となり落城す/町田しげき

どろどろの水に鳰鳴く落城史/鍵和田ゆう子

サイロの香メロンの香あり落城址/堀口星眠

落城址草ぼけは地に執したる/鍵和田ゆう子

落城の日もつちふつてをりたるか/大峯あきら

タイトルとURLをコピーしました