国原を使用した俳句

国原に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

国原を含む俳句例

凧越後国原照る雪に/佐野青陽人

国原を瞰して鷹巣作れる/玉置仙蒋

国原の鬼と並びてかき氷/柿本多映

国原の松高く芒長くかな/尾崎迷堂

稲の香のしるき国原神迎/栗間酔舟

天離る穂の国原や麦青み/太田鴻村

国原や五月は青き霞立つ/佐野良太

雲に山の座国原に寒牡丹/瀧澤和治

藺を植うる筑後国原日一つ/兒玉南草

空燦と最上国原さくらんぼ/三木星童

祈年祭国原に雪敷きみちて/会田逸平

海光の如く国原花みかん/赤松ケイ子

国原の水たてよこに彼岸鐘/飯田蛇笏

国原の水満ちたらふ蛙かな/芝不器男

国原に団雲浅問は我と灼ける/草田男

国原や到るところの菊日和/日野草城

国原や古き天柱萌えはじむ/和田悟朗

国原や青きを蓋ふ空まろく/林原耒井

鳴く雲雀国原の畑皆煙る/米澤吾亦紅

国原に日のさしはじめ若菜摘/今田清照

俳句例:21句目~

国原は蒼々として後鬼泣けり/横山白虹

国原や小さき山ほどよく笑ふ/都倉義孝

国原や雪解の山のなだれ合ひ/石田波郷

国原や桑のしもとに春の月/阿波野青畝

国原を走る神の火年立てり/民井とほる

大和国原よ牡丹の寺を置く/稲垣きくの

煙りなき甲斐国原の秋日かな/飯田蛇笏

短夜の国原とざす霧に濡れ/石橋辰之助

鹿つれて大和国原見はるかす/黒田悦子

雪解富士国原青さみちにけり/渡邊水巴

みはるかす瑞穂国原穂走れり/石塚友二

国原にあまねく初日とゞきけり/稲岡長

国原を繞道の火のはしりをる/阿波野青畝

大和国原冬日が額にあつまりぬ/細見綾子

神やがてつどふ国原稲架を解く/藤崎久を

国原の田にして落穂とりかざす/皆吉爽雨

元日や吉備の国原藺を植うる/市川東子房

短夜の灯をちりばめて国原は/相生垣瓜人

大和国原花菜に電車なだれ来る/宮坂静生

国原を撓道の火のはしりをる/阿波野青畝

俳句例:41句目~

藺植して火の国原の暗らきかな/小西須麻

大和より国原つゞき小春富士/長谷川かな女

雪なき越の国原の素直さよ/飛鳥田れい無公

青し国原梅雨雲のひらかむとして/臼田亞浪

国原や野火の走り火よもすがら/水原秋櫻子

国原や生きてゐる木に鯉幟/吉本伊智朗「柝頭」

みはるかす新羅国原すすきに夕日あるところ/山本木天蓼

タイトルとURLをコピーしました