明眸皓歯を使用した俳句

明眸皓歯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

明眸皓歯を含む俳句例

打首の童唇皓歯新小豆/香西照雄

桃咲けり明眸の妻つれて友/耕二

明眸や藍襟巻の一抹に/島村元句集

明眸の草鉄砲の上手なり/大石悦子

成人の日の長身よ明眸よ/山本蛍村

落鮎の皓歯炎の中に見ゆ/鈴木鷹夫

第九歌ふ誰も明眸瞠きて/高澤良一

皓歯には及ばぬ錆や秋の鮎/岩村蓬

炎天をゆく明眸を失はず/鈴木貞雄

明眸を皆に愛され子供の日/秦野淑恵

草芳し皓歯に力おのづから/大石悦子

落人の明眸にして真葛原/宇多喜代子

阿波淡路皓歯の渦や松の蕊/橋本夢道

巣立鳥明眸すでに嶽を得つ/藤田湘子

思ひつめゐる明眸の昭和雛/倉橋羊村

新葡萄皓歯も同じ乙女達/百合山羽公

霜柱の皓歯や校歌くり返す/奈良文夫

元旦の最初の客の皓歯かな/能村登四郎

少年の皓歯パプリカ朱に挑む/岡本和子

耕馬明眸岬の朝風縞なして/大峯あきら

俳句例:21句目~

明眸の見るもの沖の遠花火/芥川龍之介

夢に来し明眸の牛露おくか/北原志満子

もろこしの皓歯の如く茹でられし/坂井建

木菟明眸をりをり月に瞼伏せ/橋本多佳子

寒紅の皓歯にすこしうつろへる/久米正雄

明眸やめはじき一寸してみせて/稲畑汀子

明眸はかくれてをらずサングラス/神照代

皓歯にて訣れの言葉すずしかり/櫛原希伊子

子は明眸母は胼の手かなしまじ/柴田白葉女

春の灯に笑みこぼれたる皓歯かな/西島麦南

会釈の皓歯田植の笠にすぐをさめ/上田五千石

吾が皓歯颱風の眼をカツと噛む/竹下しづの女

如月ひとつ皓歯山焼くことを始めるか/宇多喜代子

タイトルとURLをコピーしました