合唱を使用した俳句

合唱に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

合唱を含む俳句例

合唱の喉開け放ち春山河/対馬康子

如月や早春賦の曲合唱す/中村絢子

大空に万の合唱大辛夷/塚田恵美子

「早春賦」合唱となる年忘/矢倉/貞

崖羊歯に合唱ランプ寄せ集め/飴山實

春のどか小鮒口あけ合唱す/安田龍泉

合唱の緑蔭に朝始まれり/相沢野風村

喪の合唱白く珠なす薔薇の雨/三谷昭

合唱に溶けぬ風邪声中年や/川村紫陽

喪の合唱絶ゆる刻来て雨粗し/三谷昭

合唱の前の屈伸シクラメン/大島てい子

合唱の咲かせて春の野の景色/石塚友二

年送る合唱林檎を片手にもち/古沢太穂

帰郷女工ら胼の手叩き合唱す/羽部洞然

母子合唱炎天に声の一ト柱/中戸川朝人

母子合唱緑蔭も声の一ト炎/中戸川朝人

蝶も子も合唱隊として生まる/対馬康子

貨車さかる死の合唱が遠ざかる/三谷昭

霜の寮若き合唱湧くごとし/柴田白葉女

露次の春子らの合唱挙り覚め/石塚友二

俳句例:21句目~

オラショめく蟇の合唱夕あかり/朝倉和江

愛充ちて母ら合唱えり秋雨も/赤城さかえ

母子合唱つぎの緑蔭つぎの節/中戸川朝人

冬星あふる期待の合唱聞くように/角田重明

合唱のひとりは鷺のかたちして/宇多喜代子

花合歓にわれらが合唱たかまりぬ/大石悦子

乙女合唱絶えずきららに五月の日/中村草田男

児ら合唱干され湯気立つ臼と杵/鍵和田ゆう子

木の実の合唱日へ回帰する聖処女に/磯貝碧蹄館

春へ合唱うフォルテの後のピアニシモ/赤城さかえ

蝉の合唱「眼の中の文字」読み合ひて/磯貝碧蹄館

花小鳥もぐらも鮎も今日メーデーに合唱す/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました