朝靄を使用した俳句

朝靄に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

朝靄を含む俳句例

盆中の朝靄低し西馬音内/高澤良一

夏雲雀野の朝靄にこゑ満てり/瀧春一

小鳥来る朝靄さめて奥信濃/松村蒼石

朝靄にろうかん曇る今年竹/木村蕪城

朝靄に乗込鮒の粗朶ゆらす/吉田彌生

朝靄に合歓の鴉や渡舟漕ぐ/西島麥南

朝靄に梅は牛乳より濃かりけり/茅舎

朝靄に起き出す蛾族節足族/高澤良一

朝靄のぼつ~雨や蓮浮葉/楠目橙黄子

朝靄の一株ありし宝鐸草/八木林之助

朝靄の深き田舟に竹瓮あげ/松林是夢

朝靄の湖かたむけて蜆掻く/西村梛子

朝靄を分けつ棹さす竹瓮舟/萩原正章

踏切も朝靄匂ふ牡丹どき/百合山羽公

夏山の朝靄晴れて生れし子よ/島田青峰

少年の肛門より降霊術の朝靄/江里昭彦

朝靄のあなた欣求の蓮ひらく/星野みゑ

朝靄を引き上げてゐる夏の山/生野優子

栗咲くや朝靄こもる散居村/和田ゑい子

朝靄にくれなゐ溶けて桃咲けり/相馬遷子

俳句例:21句目~

朝靄の小松はなれし夏野かな/久保より江

朝靄の溝浚へとはなつかしや/八木林之助

朝靄豚が出てくる人が出てくる/尾崎放哉

法螺の音の朝靄ついてお野馬追/石川文子

泳ぎ子のゆきし朝靄焼けかかる/飛鳥田れい無公

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました