神馬を使用した俳句

神馬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神馬を含む俳句例

御神馬の瞳動かず秋の暮/仙田洋子

おん祭春日乙女が神馬曳き/本多炬生

真白に生れて神馬寒からむ/豊東蘇人

深き雪神馬の機嫌覗くかな/野村喜舟

陽炎や馬屋の神馬に日は斜/幸田露伴

青簾垂れて神馬は老いにけり/籾山柑子

月の宮神馬の起きてゐる気配/竹内三桂

松風に神馬のいななき冬至梅/飯田蛇笏

神留守の間に肥ゆる神馬かな/柴田奈美

夜祭の神馬こと~覚め居たり/河野静雲

夜祭や神馬優しき眼を向けて/都筑智子

秋渓し神馬も恋ふる五十鈴川/石井露月

霜の花神馬静かに湯に拭かれ/村田青麥

御神馬の芦毛つやめく秋日陰/岡田壮三

かげろふに寂然として神馬かな/幸田露伴

御神馬の厩舎の柱破魔矢挿し/小原菁々子

御神馬の首下げて来る遅日かな/長山順子

旅立ちて神はおはさぬ神馬かな/富安風生

神の旅神馬ペガサスともならむ/柴田奈美

神馬の瞳冬撒かれゆく石だたみ/北野民夫

俳句例:21句目~

神馬藻やふつさりとせし世のためし/露吟

楠若葉神馬のけぞるごとく揺れ/高澤良一

賀茂祭り駄馬も神馬の貌をして/伊藤昌子

早梅いま瞬くごとし神馬のごと/楠本憲吉

梅雨さむや撫づるにまかす老神馬/高桑義生

神馬灰色秋蝿に眼をしばたたき/長谷川朝風

田掻馬きのふ神馬をつとめたる/猪俣千代子

かげろふにほそる神馬の眼つきかな/幸田露伴

御神馬に乗り初めと云ふ衛士白衣/小原菁々子

御神馬も羽目板を蹴り梅雨長し/鍵和田ゆう子

げんのしようこ祖は家持の神馬なり/遠藤寛太郎

冬枯や神馬の漆はげて立/一茶/文政二年己卯

タイトルとURLをコピーしました