天日を使用した俳句

天日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天日を含む俳句例

天日を冠として雉歩く/原田喬

地は銀の暗さ春天日蝕す/朱鳥

天日も鬣ふかれ冬怒濤/野沢節子

天日も鬣吹かれ冬怒濤/野沢節子

天日も鬣吹かれ冬怒涛/野沢節子

天日も鬣吹かれ冬怒濤/野澤節子

鮠の目の天日に光る鼬罠/松藤夏山

きら~と天日に凧近づけり/及川貞

天日に曝せる卵鷭浮巣/石井とし夫

天日へ一徹の直滝凍る/つじ加代子

天日暗く満都の弔旗秋隣/中川四明

山小屋も天日熱し孑孑棲み/滝春一

極北の天日ねむる桔梗かな/有働亨

淡墨桜山の天日五衰なし/近藤一鴻

刻々と天日くらき泉かな/川端茅舎

啓蟄の風天日を曇らする/吉富無韻

水の面に天日の張り寒行場/伊藤京子

ぎらぎらと天日据ゑて籾筵/中島斌男

鏡餅天日かつと照らしゐる/飯田龍太

天日を高きにとどめ達磨市/池田秀水

俳句例:21句目~

冬ざれや房々として実南天/日野草城

訣れ来て天日昏き水すまし/小坂順子

杉植うる一穂々々を天日に/皆吉爽雨

思ひ出のごとき電話や養花天/日原傳

眼うらの天日の暝さ麦を刈る/中拓夫

天日にあふのけざまや蕗の薹/斎藤玄

天日暈す杏と桜まじり咲き/川村紫陽

天日干し鰹を吹けり時津風/高澤良一

天日の近づきしとき春の昼/井沢正江

重陽や天日変はりなく廻り/福島清恵

炉塞いで天日の下眼を拭ふ/佐野良太

天日の遅々としてあり未草/小林鱒一

天日を仰ぎつぎつぎ海女潜く/上村占

渓風に天日寒きさくら哉/金尾梅の門

天日に農婦聳えて螻蛄泳ぐ/石田波郷

地虫出て天日これに近づきぬ/下村非文

ダムの上に天日小さき葛の谷/遠藤梧逸

刻々と天日くらきいづみかな/川端茅舎

天日に我が血ふえたり雪の嶺/渡邊水巴

天日にさらされまろび根切虫/下村非文

俳句例:41句目~

天日にせりあがりつつ滝落つる/上村占

天日にまどろみありぬ枯葎/櫛原希伊子

天日に枯をひろげて一と平/町田しげき

天日に焦げそむ橡の花きよら/亀井糸游

天日のうつりて暗し蝌蚪の水/高浜虚子

天日の来てとゞまれり牡丹園/大野青踏

天日の上巳の節供を松青し/田平龍胆子

天日の峰にまぶしく雪解かな/松瀬青々

山に来て天日こもるうつぼ草/金田咲子

弧を描いて天日めぐり西瓜蒔く/安住敦

天日を仰ぐことなく夏至も過ぐ/稲岡長

流木の行くを天日寒く瞰る/松本たかし

浜木綿や荒磯の天日人を灼き/下村槐太

砂丘灼け天日あをき灘に照る/伊東宏晃

磯なげき天日杳とありにけり/長谷川双

苗売の上に天日とどまれる/波多野爽波

蕨老いて天日雲に冷えにけり/渡辺水巴

風吹いて天日古りし花しどみ/勝又一透

天日を恋ひ凍蝶のあがりけり/福田蓼汀

麦扱の麦天日に噴きつづけ/伊達利根男

俳句例:61句目~

天日に脈あるごとし桃赤らむ/櫛原希伊子

かなかなや天日にさらす原爆簿/西村英子

天日に影さびしむや冬ざくら/望月たかし

木瓜咲いて天日近き山家あり/大峯あきら

天日を蔽ふ御神火や蜜柑むく/佐野青陽人

天日のうすうすとあり山吹雪く/清水寥人

牡丹見てをり天日のくらくなる/臼田亜浪

雲雀落ちて天日もとの所にあり/村上鬼城

天日の降りくる笑ひ繭を干す/磯貝碧蹄館

黄落の天日ひと日澄まざりき/稲垣きくの

天日とこの菊ありていふことなし/下村梅子

天日のきらめき千鳥死ぬもあらん/渡辺水巴

冬の日に透けてウツボの天日干し/高澤良一

ふつふつと天日に沸く銀杏の芽/長谷川素逝

天日のしづけさこぼれ山すみれ/鷲谷七菜子

春の蟻はや天日に焦げにけり/阿部みどり女

鰺干すにこころもとなき天日かな/本宮鼎三

タイトルとURLをコピーしました