山鴉を使用した俳句

山鴉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山鴉を含む俳句例

秋風や猿柿に来る山鴉/原石鼎

山鴉春立つ空に乱れ鳧/内田百間

墓山の前に墓山烏頭/橋本春燈花

色鳥も来ぬ絶壁の山鴉/大島民郎

捨雛に薄日かげろふ山鴉/木村蕪城

渓梅にとまりて青き山鴉/飯田蛇笏

中盆の人真似て啼く山鴉/飯田蛇笏

人呼びて夏深むこゑ山鴉/飯田蛇笏

葛の花雨截つて飛ぶ山鴉/皆川盤水

藤袴にもひとこゑや山鴉/藤田湘子

夕風や紅葉を散らす山鴉/臼田亞浪

守人なき木の実食みけり山烏/闌更

谷梅にとまりて青き山鴉/飯田蛇笏

山鴉遠くこたへて百千鳥/飯田蛇笏

山鴉鳴きしことなし菱畳/間立素秋

山鴉鳴く静けさを機始/水原秋桜子

山鴉鳴けば秋思の神楽面/大島民郎

七月や子を連れ歩ゆむ山鴉/萩原麦草

山烏通草銜へて飛びにけり/野村泊月

泳ぐ子に声むきだしの山鴉/大井雅人

俳句例:21句目~

涅槃像見かけて鳴くや山鴉/正岡子規

春陰の脚みせて翔つ山鴉/鷲谷七菜子

秋桑にとぶものは山烏かな/高野素十

山鴉巣立てる橡の咲きにけり/中川岩

雪空や桐へ下りくる山鴉/大峯あきら

囀りにかぶさり啼くや山鴉/楠目橙黄子

死の商人ばかり枯山鴉ばかり/佐藤鬼房

渋柿や嘴おしぬぐふ山がらす/加舎白雄

山鴉啼いて元日暮れにけり/大場白水郎

桜湯を含めばとほる山がらす/飯田龍太

はしばみにふためきとぶや山鴉/飯田蛇笏

灌仏や影つれて飛ぶ山がらす/大峯あきら

月いでて猟夫になくや山がらす/飯田蛇笏

木の芽こぞり人を食ふ眼の山鴉/渡邊水巴

冬草や干鰯さらひ去ぬ山鴉/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました