蔵書を使用した俳句

蔵書に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蔵書を含む俳句例

藤村の蔵書の数や花海棠/寺嶋艶子

この家に桜一樹と蔵書やや/村越化石

惜しむただ灰燼蔵書西行忌/皆吉爽雨

秋蝉の遠く蔵書を死蔵して/高澤良一

三代の蔵書となりぬ漱石忌/山県輝天

先代の蔵書万巻かりんの実/野沢節子

読初にハーン蔵書を千鳥読/平畑静塔

冬蚊出て蔵書一塔崩れ落つ/池澤佑子

液体のやうな蔵書の昼の愛/攝津幸彦

囲まれし蔵書の裾に冬籠/井上兎径子

満天星の花別荘に蔵書の間/椎野順子

心憎き菊の主の蔵書かな/高橋淡路女

冬来る蔵書を抜きし隙間より/横山房子

初雁の声か蔵書の中にゐて/鷲谷七菜子

夏山の見ゆる二階の蔵書かな/山本洋子

扇風機蔵書を吹けり司書居らず/森田峠

炎昼や乏しけれども蔵書あり/山口誓子

甚平や蔵書少なき身のほとり/高橋喜祐

砂丘なすわが蔵書なり飯の汗/守谷茂泰

福寿草遺産といふは蔵書のみ/高浜虚子

俳句例:21句目~

葭切や蔵書のみなる教師の死/大野林火

炎帝や蔵書もひそかなる息す/藤田湘子

たのしさはふえし蔵書にちゝろ虫/秋櫻子

わが蔵書貧しけれども黄水仙/沢井山帰来

書架に余る蔵書貧しや麦の秋/松倉ゆずる

秋江に沿ひゆき蔵書売らんとす/森川暁水

漱石忌父の蔵書はちりぢりに/水鳥ますみ

風入れや父が彫りたる蔵書印/下村ひろし

蔵書ぎつしり餅花傘をひろげけり/野澤節子

蔵書をも見めぐる喪家身にぞ入む/皆吉爽雨

蔵書印押すときめきや花馬酔木/渡邊千枝子

紙がゐて蔵書ますます増えにけり/山口波津女

歌留多散らばり今さら蔵書とぼしさよ/中村草田男

タイトルとURLをコピーしました